2010年01月29日

Si parla alla toscana! トスカーナ風に話そう!

020-1.jpg

Ma perche' non lo riesco a mangiare? なんで食べられないんだろう?



Frequento un corso di traduzione dall'italiano al giapponese in cui l'insegnante ci sceglie gli argomenti vari: romanzo, favola, film, ecc.
Quello dell'altra volta era un pezzo di scenario del film "La vita e' bella".


Vi ricordate della scena nella quale Guido traduce a casaccio quello che dice il caporale tedesco? わーい(嬉しい顔)


Caporale:(in tedesco) Il sabotaggio sul lavoro sara' punito con la morte mediante fucilazione alla schiena!
Guido:(traduce) Ogni giorno vi daremo la classifica generale, all'ultimo classificato attaccheremo un cartello con su scritto "asino" qui nella schiena!

Caporale:(in tedesco) Quando sentite il fischietto, tutti fuori dalla camerata, immediatamente!
Guido:(traduce) Non chiedete i lecca lecca perche' non ve li danno, ce li mangiamo tutti noi!



Che fantasista questo babbo!!


A proposito, leggendo lo scenario, ho saputo una cosa che mi era molto nuova.


かわいい "Noi ci fanno entrare, noi siamo prenotati! Vedrai Giosue'...noi ci si diverte!"
かわいい "La merenda? Ora vediamo...si domanda, son tutti amici qua..."



Prima non ho capito a che cosa riferivano questi due "si".
Impersonale? Riflessivo? Allora chi e' il soggetto?...
Poi ho saputo che in Toscana si usa la terza persona anche se e' NOI chi lo dice ひらめき .


Che complicato!
Nella frase "noi ci si diverte", ci sono due pronomi "noi" e "ci" che indicano ovviamente il soggetto e' "noi", ma dopo viene il verbo con "si" impersonale たらーっ(汗)
Anche nella seconda frase, dice "vediamo" poi subito dopo dice "si domanda" nonostante che sia la stessa persona che vede e domande.


Mi chiedo se i toscani parlino cosi' anche al giorno d'oggi.

・・・

Roberto Benigni, mi piace vederlo parlare in modo molto "italiano", a volte troppo esagerato, ma a dire il vero la storia di questo film non mi e' stata tanto convincente.
Posso capire il fatto che Benigni voleva descrivere l'amore estremo del padre a suo figlio, ma se si tratta dell'olocausto lo scenario non dovrebbe essere fatto in maniera scherzosa ma fedele come "Sindler's list".
Io personalmente penso cosi'.
Voi che ne dite?

lifeis.jpg

*************************


イタリア語から日本語への翻訳コースにいま通っています。小説や童話や映画など、先生が色んな題材を取り上げてくださるのでとっても楽しいんですよ。
で、先日やったのが映画「ライフ・イズ・ビューティフル」のシナリオ。


だいぶ前の映画ですけど、皆さん覚えてます?ドイツ人伍長の言うことをグイードがでたらめに通訳するシーンは笑えましたよね〜わーい(嬉しい顔)


伍長:(ドイツ語で)労働をさぼった者は、背中からの銃殺により死刑に処す!
グイード:(通訳)毎日(ゲームの)総合順位を発表する、ビリには背中に「バカ」と書いた紙を貼る!

伍長:(ドイツ語で)ホイッスルが聞こえたら皆部屋からすぐに出ること!
グイード:(通訳)ペロペロキャンディはもらえないんだから欲しがるな、それは我々が食べるのだ!



お父ちゃん、すご〜い!とっさによくこんなこと思いつくなぁ。


ところで、シナリオを読んでいて「へぇぇぇ!ひらめき」なことがありましたよ。


かわいい "Noi ci fanno entrare, noi siamo prenotati! Vedrai Giosue'...
noi ci si diverte!"

僕らは入れてもらえるぞ、予約したんだから!見ててごらん、ジョズエ、面白いことになるよ!
かわいい "La merenda? Ora vediamo...si domanda, son tutti amici qua..."
おやつ?そうだな、訊いてみよう、ここにいるのはみんな友達なんだから


ここにある「si」が何なのか、初め分かりませんでした。
非人称?再帰代名詞?じゃ主語は誰?…
なんとそれはトスカーナ地方の表現、主語が「NOI 私たち」でも三人称を使って言うんですって ひらめき


ややこしいなあ、もう!
だって「noi ci si diverte 我々は楽しむ」には「noi 私たち」と「ci 再帰代名詞一人称複数」の二つの代名詞があって、主語が「私たち」であることははっきりしているのに、その後には「si 非人称+diverte 動詞三人称」が来るんですもん たらーっ(汗)
次の文も大概ややこしい。
vediamo (主語=私たち)」のすぐ後に、「si domanda (非人称のsi+動詞三人称)」。「vediamo」も「domanda」も主語は同じ人なのに!
  

トスカーナの人たちは今でもこんな風に喋ってるのかしらん。

・・・

ところで、ロベルト・ベニーニ。
イタリア版明石家さんまとも言うべきそのキャラクターは、吉本興業所属タレントかと思うほどに強烈です。
いかにもイタリア人らしい彼のマシンガントークは聞いていて面白いけど、時にちょっとヘビーね バッド(下向き矢印)
この映画のストーリーは正直なところ、私はちょっと違和感を感じました。
息子への究極の愛を描きたかったんだろうベニーニの気持ちは分かるんだけど、舞台がホロコーストとなると、おもしろ可笑しく演出するのはどうかなぁ…。起こった事実と、お笑い要素にあまりにもギャップがあって、ちょっとついて行けない。
やはり「シンドラーのリスト」のように冗談抜き!まじめに忠実に描くべきだと個人的には思うんですよ。
皆さんはどう思います?



posted by Showcian at 16:30| Comment(34) | 映画&音楽 film e musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

Un corso per i bambini di asilo nido お子ちゃま講座

09121222.DSC04628-1.jpg

Due mouse マウスが二つ



Continuiamo a parlare su Rosa Kato.
In Giappone c’e’ una trasmissione di corso d’italiano che fa il canale statale NHK. E’ cominciata dal 1990 ed ormai dura ben 20 anni.


Il programma e’ fatto proprio per i principianti assoluti che dura per un semestre, e dopodiche’ ricomincia di nuovo da A, B, C con la composizione ed i personaggi diversi.


I presentatori sono di solito degli insegnanti italiani, un insegnante giapponese ed una ragazza giapponese “carina” ma “meno svelta”わーい(嬉しい顔).
L’intenzione principale del programma dovrebbe essere far sentire ai telespettatori che seguendolo si possa imparare l’italiano anche uno che non sa nemmeno una parola, cosicche’ il ruolo di studentessa recita in modo mooolto esagerato come se fosse una bambina di 3 anni.


Nel 2005 Rosa Kato ci ha partecipato come studentessa principiantissima.
Guardate questo video, e’ uno dei angoli del corso in cui Rosa fa (o far fare) una ginnastica stupefatta per ricordare i pronomi.
Poveretta Rosa, la fa con piacere o no?



Come posso esprimere in italiano tale idea infantile? がく〜(落胆した顔) Mi mancano gli aggettivi giusti...comunque quando l’ho visto sono rimasta a bocca aperta.
Da anni non seguo questo programma e magari e’ migliorato almeno un po’adesso. Lo spero!


A proposito, un italiano con un berretto accanto a Rosa si chiama Girolamo Panzetta, vive in Giappone dal 1988 e l’italiano forse piu’ conosciuto tra tutti gli italiani in Giappone.
Anche su lui ho tante cose da dire パンチ, ma questa volta non ve lo dico, perche’ sarebbe un problema se lui vedesse questo blog ひらめき (improbabile)

58.jpg


*******************************


加藤ローサの続きです。

1990年に始まったNHKテレビイタリア語講座ももう20年続いてるんですね〜。半年やってはまたA,B,Cからスタート。毎回少しずつ構成や登場人物を変えてやっているようですが…


数人のイタリア人講師+日本語講師+何にも分かりましぇ〜んの日本人生徒でもって進められるこの番組。丸っきり初級者向けにできているので仕方ないんですが、何だかいつもとてもアホっぽい。おーっと、言い過ぎ?でもそうなんですもん。
生徒役はたいてい可愛い女の子タレントで、何にも分かんないけど頑張りま〜す、
テヘッ、みたいなノリで、講師役にちやほやされながら勉強していきます。


NHKの狙いとしては、この番組を見ればそんな困った子でも上達しますよ〜、ということだろうから、生徒役の子には思いっきりしょうもない演技をさせるわけでしょう。


で、2005年に加藤ローサちゃんも分からんちんの生徒役として登場。
まぁ、見てくださいな、上記のビデオ。代名詞を覚えるためのヘンテコなダンス がく〜(落胆した顔)
好きでやっているのか、やらされているのか。


こういうの、イタリア語でなんて形容したらいいんでしょうか。アホくさ〜としかいいようがないんですが。
このイタリア語講座、ここ数年全然見なくなったので、今はどんなプログラムを放送しているのかな。少しは知的になったかな。


お、忘れちゃいけない帽子かぶってる人。出た、ジローラモ・パンツェッタ!
1988年から在日の彼は、恐らく日本中のイタリア人の中で一番有名なイタリア人ですよね。
この人についても言いたいこといっぱいありますが パンチ、やめときます。このブログ見てたらまずいしね ひらめき(有り得ないけど〜)。



2010年01月22日

Se io avessi un cervello di 3 anni...3歳の脳だったら...

09121222.DSC04617-1.jpg

zzz...


Il commento lasciato da un caro visitatore il signor V mi ha dato l'ispirazione di scrivere su 加藤ローサ (Rosa Kato): modella, personaggio televisivo ed attrice abbastanza popolare in Giappone.

A0001185-00.jpg

2007-06-22-24.jpg

blog_20080830_4.bmp

Carinissima, no? ハートたち(複数ハート)

Sua madre e' giapponese e padre napoletano.
Il suo nome Rosa e' "ローサ (Rosa)" ma non con il suono sonoro "ローザ (Roza)" adeguandosi alla pronuncia meriodionale.


E' nata a Kagoshima poi ha vissuto a Napoli finche' aveva 5 anni per cui parlava bene italiano. Dopo si e' trasferita in Giappone ed ora dice che non si ricorda piu' nemmeno una parola d'italiano.


Sapendo questo suo profilo, provo una grande simpatia per lei perche' ho la stessa esperienza.


Sono nata a Tokyo e quando avevo 3 anni sono andata a Vienna per lavoro di mio padre ed ho vissuto li' per 3 anni.
In asilo, secondo mia madre, all'inizio piangevo sempre come una pazza per l'ansia di essere messa nel mezzo di bambini austriaci あせあせ(飛び散る汗).
Immaginatevi come sono rimasta! Una bambinella giapponse piccola piccola circondata dai viennesi tutti alti con gli occhi azzurrissimi! がく〜(落胆した顔)


Pian piano pero' avevo cominciato ad imparare il tedesco e dopo non molto sono diventata tanto brava da essere creduta una madrelingua austriaca わーい(嬉しい顔).
Parlavo, sognavo e litigavo con mia sorella in tedesco perfetto addirittura con un accento viennese ぴかぴか(新しい).


Ma sapete cosa?
Tornata in Giappone, mi e' sparito tutto, totalmente tutto in ALCUNI mesi!! Come se mi fossi destata dall'incantesimo!


Il cervello di bambini e' fatto cosi'.
Ha un funzionamento elastico, misterioso e meraviglioso che purtroppo non potrebbero mai riavere gli adulti.


Rosa Kato, pur non sapendo parlare una parola d'italiano, qualche anno fa e' stata nominata un personaggio di un programma di corso d'italiano in televisione; l'unica trasmissione della lingua italiana in Giappone.
Forse solo per una ragione perche' e' meta' italiana.
Ne scrivero' la prossima volta 手(チョキ)

************************


ブログに来てくれるV氏の このコメントを読んで、加藤ローサについて書きたくなりました。
モデル、タレント、女優でなかなか人気ありますよね。


上の写真をご覧ください。かっわい〜じゃありませんか! ハートたち(複数ハート)


お母さんが日本人、お父さんはナポリ人。名前は「Rosa ロー」ではなく「ロー」だそうで、南イタリアでは「s」を濁らずに発音するからということで、ご両親のこだわりが見えます。


鹿児島生まれらしいですが、5歳までナポリに住んでいたので当時はイタリア語ペラペラだったみたい。でもその後日本に帰国したため、今じゃ一言も覚えてないんですって。


このプロフィールを知って何だか親近感湧いちゃいましたよ。
私もね、同じようなこと経験したんです。


私、生まれは東京なんですが、父の仕事で3歳の時にウィーンに3年間住んでたんです。
母曰く、幼稚園ではそれこそ狂ったように泣きわめいてたらしいんですよ。毎日毎日ね。覚えてないんですけどぉ。
だって想像してみてくださいな。
小さな小さな日本の女の子ちゃんが、ある日いきなり青い眼のでっかいオーストリア人の子供たちの中に放り込まれたわけですよ。そりゃもうE.T.に出会ったドリュー・バリモアと同じくらいのインパクトですよ がく〜(落胆した顔)


それでも少しずつドイツ語を習得していって、あまり経たずにネイティブ・オーストリアンかと思われるほどに成長したわけですね。
完璧なドイツ語で話し、ドイツ語で夢を見、ドイツ語で姉と喧嘩する私。しかもちょっとウィーンなまりで ぴかぴか(新しい)


しかーーーし。


帰国後、わずか数カ月で全部、みごとにぜ〜んぶ忘れちゃいましたとさ ドコモポイント
魔法から解けたシンデレラですよ。


子供の脳ってすごいですね。柔軟で、不思議で、計り知れない知力。
大人になっちゃったら二度と取り戻せない才能です。


加藤ローサは一言もイタリア語が分からないにもかかわらず、数年前にNHKイタリア語講座に起用されていましたね。半分イタリア人だから、という理由でか??
これについてはまた次回書きますね。



posted by Showcian at 18:04| Comment(12) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

Una coincidenza miracolosa 奇跡の一致

038-1.jpg

Ciao a tutti! 皆さん、こんにちは!



Circa 10 ann fa quando abitavo a Fukuoka insegnavo italiano ai principianti a casa mia...no...e’ troppo arrogante dire “insegnavo”... organizzavo un piccolo gruppo in cui venivano delle ragazze interessate in Italia. Quasi tutte erano di Fukuoka.


Un giorno una fra di loro non poteva venire in tempo. Mi ha chiamato e detto:


“すみません、あと20分で来ます! sumimasen, ato nijuppunde kimasu” (Scusa, vengo in 20 minuti)


ひらめきひらめきひらめき Eeh?! “来ます (vengo)”???!!!


Sia in italiano sia in inglese si usa il verbo venire quando si parla con qualcuno verso cui si dirige.


A: Showcian, vieni qua!
S: Si’, vengo subito!

A: Showcian, come here!
S: Yes, I’m coming right now!



In giapponese invece, cioe' in giapponese generale diciamo, si usa andare”.


A: Showcian, おいでよ! oideyo (vieni qua!)
S: うん、すぐ行く! un, sugu iku (Si’, vado subito!) [行く iku = andare]


Ma con mia sorpresa, a Fukuoka si usa "venire" exclamation×2


A: Showcian, おいでよ! oideyo(vieni qua!)
S: うん、すぐ来る けん! un, sugu kuruken (Si', vengo subito!) [来る kuru = venire]


Dopo ho saputo che e’ un dialetto di Fukuoka! (“けん ken” e’ un suffisso del dialetto fukuochese)


Ma come si poteva immaginare che c'era l'uso comune di verbo "venire" tra italiano ed un dialetto regionale del Giappone?! Fantastico ぴかぴか(新しい) !


Praticamente i principianti fanno fatica a comprendere se devono usare sia "venire" o "andare", perche' da noi e' contrario come avete visto prima.


io: Come risponderesti a questa domanda? "Domani vado alla festa. Vieni anche tu?"
A: Ummm..."Si',
vado anch'io." (tradotto da "うん、私も行く un, watashimo iku)
io: Nooooo, devi dire "Vengo anch'io", eh!


Ma le ragazze fukuochesi li manovravano tranquillamente, anzi, sembravano di non aver capito perche' ghiel'ho fatto una spiegazione con tanto entusiasmo わーい(嬉しい顔)

810.jpg

Vengo subito!!! すぐ行くよ!!!

***********************


10年ほど前に福岡に住んでいたころ、自宅で初級者にイタリア語を教えていました…あ、いや、「教えていた」だなんてちょっとエラそうだな…小さなサークルもどきを作って、イタリア大好きな人たちに来てもらってました。来てくれてた彼女たちはほとんどが福岡出身。


とある日、一人の子が少し遅れて来ることになり電話をしてきました。


「すみません、あと20分で来ます!」


ひらめきひらめきひらめき え?今なんて?「来ますexclamation&question


イタリア語でも英語でも、自分が今そっちに向かっている人に対しては「venire, come 来る」を使いますよね。


A: Showcian, vieni qua! (Showcian, おいでよ!)
B: Si', vengo subito! (うん、すぐ行く!)

A: Showcian, come here!
B: Yes, I'm coming right now!



でも日本語では一般的に「行く」を使うわけです。


A: Showcian, おいでよ!
B: うん、すぐ行く



ところが驚いたことに、福岡では「来る」を使うのであった exclamation×2


A: Showcian,おいでよ!
B: うん、すぐ来るけん!



後にそれが福岡の方言であることを知りました。(「けん」もですね〜。いいですね〜。大好き、この「けん」)


それにしてもオモロイなぁ。イタリア語と日本の一方言の間にこんな共通点があるとはなぁ。


実際、この「venire 来る」と「andare 行く」のどっちを使えばいいのか、イタリア語初級者にはちょっとややこしい問題なわけです。


私:じゃこの質問にはどう答える? 『Domani vado alla festa. Vieni anche tu? 明日のフェスタに私は行くけどあなたも来る?』
A: えーっと…『Si',
vado anch'io. うん、私も行く
私:ブッブー パンチVengo anch'io 私も来る』だよ〜ん。


福岡の彼女たちはそれを難なくクリア。
というより、この人はなんでこんなにこのことを熱く説明しているのだ?という顔をしていました。
いや〜まいったまいった ふらふら



posted by Showcian at 18:33| Comment(2) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

Non sto scherzando, mica male! 冗談抜きで悪くないんだってば!

002-1.jpg

Il becco e' il mio terzo piede クチバシは3本目の足



Conoscete “gli spaghetti napolitan” che esiste in Giappone da ben piu’ di 60 anni, da subito dopoguerra?
Non “NAPOLETANA” ma “NAPOLITAN” , mi raccomando! 手(パー)
Forse i primi spaghetti fatti nel nostro paese.


Prima di tutto voglio stupire i cari italiani che visitano questo blog spiegando come si fa il piatto ドコモポイント :

1. Friggi la cipolla affettata, i peperoni, le salsicce viennesi e dei champignon.
2. Stracuoci gli spaghetti finche’ non rimanga piu' niente di al dente.
3. Metti 2 nella padella di 1.
4. Aggiungi il ketchup abbondante e un pizzico di sale nel 3 e friggi ancora mescolando l’oggetto rosso.
5. Buon appetito!


Vi e’ venuta voglia di assaggiarlo, no? わーい(嬉しい顔)


Ho scritto in modo un po’ esagerato ma quello che venne fatto negli anni 1945-1950 doveva essere piu’ o meno cosi’.


Fu inventato da un cuolo giapponese di un ristorante a Yokohama (anche oggi rimane famosissimo) sotto la conquista degli Stati Uniti.
Vedendo mangiare i soldati americani gli spaghetti con la salsa di KETCHUP, il cuoco si fu appropriato dell’idea.
Invento’ anche un modo di cuocere gli spaghetti molli molli come うどん(udon) perche’ in quell’epoca i giapponesi non conoscevano la pasta al dente.
Dicono che li provo’ addirittura a lasciare per una notte per ammorbidire di piu' がく〜(落胆した顔) .


Nomino’ questo piatto “gli spaghetti NAPOLITAN ひらめき prendendo un suggerimento dalla salsa di pomodoro NAPOLETANA fatta alla maniera AMERICAN.


Adesso in Giappone si possono mangiare gli ottimi spaghetti “autentici” in tutte le citta’, pero’ a volte, 5 volte all’anno, mi viene voglia di mangiare questo NAPOLITAN.
Ha un gusto... come dire... nostalgico, ecco!
Anche perche’ ormai si e’ molto raffinato da poter dire che e’ buono!!
Provateli a mangiare se venite in Giappone!

090117naporitan.jpg
classico NAPOLITAN 懐かしのナポリタン


Non e' NAPOLITAN vero ma e' un menu' di plastica esposto in vetrina di ristoranti
サンプルナポリタンの作り方


*****************


スパゲティ・ナポリタン


ナポレターナではなくナポリタン。そこんとこヨロシク 手(パー)
戦後すぐに日本に登場して早60年、恐らく日本で最初のスパゲティですよね。


まぁとりあえずは作り方を説明して、このブログに来てくれるイタリア人諸君にブッたまげてもらおうと思います ドコモポイント

1. たまねぎ薄切り、ピーマン、ウィンナー、マッシュルームを炒める。
2. スパゲティをこれでもか!ってぐらい茹でる。ゼロ・デンテ。
3. 2を1のフライパンに投入。
4. 山盛りのケチャップと塩ひとつまみを加え、混ぜながらその赤い物体を更に炒める。
5. いただきまーす。


どう?食べてみたくなったでしょ? わーい(嬉しい顔)


ちょっと大げさに書きましたが、でも1945-1950年頃はきっとこんな風に作られてたはず。
アメリカの占領下の横浜で、あるレストランの(有名なあそこですよ!)日本人料理人が考案した料理ですよね。
米兵たちがケチャップソースのスパゲティをがつがつ食べているのを見て考えついたらしいですよ。


その当時の日本人はアル・デンテなんて知らなかったですからね、硬いパスタなんてなんじゃこりゃあ!だったでしょうから、うどんのようにフニャフニャになるまで茹でたり、そのあと一晩ほったらかして更に柔らかくしたりしたって。マジですかーっ? がく〜(落胆した顔)
日本人好みに更に色々アレンジして…


そして彼は、ナポリのトマトソースと、ケチャップどっさりのアメリカンなスタイルにヒントを得て、それを「スパゲティ・ナポリタン ひらめきと命名!
(「タン」って??「ナポリン」じゃダメ?)


今や日本のどの街でもイタリア人もビックリの美味しいスパゲティが食べられます。が、たま〜に、年に5回くらいこのナポリタンが無性に食べたくなります。
それは…青春の味。胸キュン?(←死語)本物のイタリアのスパゲティとはまたちょっと別物扱いのパスタ。年賀状はやり取りしているけど、ずっと会わなかった古い友人にたまには会いたくなるっていう感じ?進化を遂げて美味しくもなってるようだし。
イタリア人たちにもぜひ食べてもらいたいなぁ。 


(「タン」、分かりました。書き終えて5時間後にあーっそっか!って。アホやな〜。NAPOLETANAの「TAN」だな。でもなぜかNAPOLITANと前半は都市名の「NAPOLI」。NAPOLI+NAPOLETANの合体型だったと。)





posted by Showcian at 11:15| Comment(8) | 日本における伊語 italiano in Giappone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

Personalmente mi piace 3... 個人的には3が好きなんだけど

09080213.DSC03716-1.jpg

Sono abile con le 2 zampe,no? 2本足でも器用でしょ? by PakkunT



Mi sa che 4 sia un numero speciale per la lingua italiana.
Ci sono tanti modi di dire non con 3, ne’ 6 ma 4.


かわいい lavorare per quattro soldi
かわいい esserci quattro gatti
かわいい spiegare in quattro (due) parole
かわいい fare quattro (due) chiacchiere
かわいい fare quattro (due) salti
かわいい fare quattro (due) passi



Sapevo che 4 avesse un significato “poco” ma non lo sapevo il perche’.
Cosi’ l’ho chiesto a Yahoo! Italia Answers ed una persona mi ha mandato gentilmente una risposta.
La sua spiegazione era piu' o meno cosi':


Nel XIII secolo un filosofo a cui piaceva passeggiare un giorno stava per avviarsi per la sua solita passeggiata. Quando fece 4 passi contati, lo fermo’ un suo amico e si divertirono a chiacchierare per ore. Lui dopo quella giornata divertente capi’ che con solo 4 passi, cioe’ con pochissimi passi ci si poteva soddisfare, e da li’ deriva il detto di 4.


Questa persona che mi ha risposto dice che ci dovrebbe essere altre versioni, ma io trovo molto simpatica la storiella che mi ha raccontato! ひらめき


Poi ho anche trovato alcune altre espressioni ancora con 4.


かわいい mettersi in quattro
かわいい darne quattro
かわいい dirne quattro
かわいい sudare quattro (sette) camice
かわいい spaccare un capello in quattro (due)



Questi non hanno un senso “poco” ma i termini vari.


Ora vediamo qualche espressione giapponese con i numeri.
Quelle che mi vengono in mente sono:


かわいい shikuhakku (faticare a fare ql.co)
かわいい 四六時中 shirokujichuu (sempre)
かわいい shittenbattou (torcersi dal dolore)
かわいい nanakorobiyaoki (risollevarsi anche se si capitano tanti ostacoli)
かわいい ichikabachika (provare comunque a fare ql.co)
かわいい nininsankyaku (aiutarsi)
かわいい 八九 jucchuuhakku (molto probabilmente)
かわいい hachimenroppi (svolgere attivita’ in diversi campi)
かわいい gobugobu (pari)
かわいい kubukurin (molto probabilmente)
かわいい 五十 gojippohyappo (non c’e’ tanta differenza)

[suggerimento: 一(1), 二(2), 三(3), 四(4), 五(5), 六(6), 七(7), 八(8), 九(9), 十(10), 百(100)]


Dunque, ce ne sono sei “” che e’ il piu’ grande numero tra di tutti. Allora vince 8 !!! ぴかぴか(新しい)
...no, scherzi.
Rispetto all’italiano, nelle locuzioni giapponesi vengono usati quasi ugualmente tutti i numeri.

48f4eed6.jpg
sudare quattro camice 汗だくになって働く

**********************


イタリア語では特別な数字のような気がするんです。
3でもなく、6でもなく、を使った表現がたくさんあるんですもの。


かわいい lavorare per quattro soldi 4の金のために働く→僅かな金のために働く
かわいい esserci quattro gatti 4匹の猫がいる→人がまばらである
かわいい spiegare in quattro (due) parole 4つ(2つ)の言葉で説明する→手短かに説明する
かわいい fare quattro (due) chiacchiere 4つ(2つ)のお喋りをする→お喋りする
かわいい fare quattro (due) salti 4つ(2つ)跳ねる→ダンスする
かわいい fare quattro (due) passi 4歩(2歩)歩く→散歩する


には「少しの」という意味があることは知っていたんですが、何故かは知らなかった。
そこで、イタリア版Yahoo!知恵袋に訊いてみましたよ。
そしたらすぐさま返事が!世の中には親切な方がいるもんですよね〜。


13世紀の話らしいんですが、散歩好きのある哲学者がいつも通りに散歩に出掛けようとして、ちょうど4歩歩いたその時!友人に呼び止められて何時間もそのままお喋りを楽しみました。
その楽しい出来事以来、たった4歩でも人って満足な一日を過ごせるもんなんだな〜、と彼はしみじみ思い、そこから「4=少しの」という意味になりましたとさ。



私に返事下さったこの方曰く、他にも諸説あるので分かんないけどね、とのことだけど、可愛い話じゃありませんか。たった4歩で散歩なんかよりずっと楽しいことがあれば、そりゃめっけもんというもの。


さて、この他にも4を使った言い回しがあるようですよ。


かわいい mettersi in quattro 自分を4つに分ける→全力を尽くす
かわいい darne quattro 4つ与える→ぶっ飛ばす
かわいい dirne quattro 4つ言う→激しく叱る
かわいい sudare quattro (sette) camice シャツ4枚(7枚)汗をかく→せっせと働く
かわいい spaccare un capello in quattro (due) 1本の髪を4本(2本)に割る→重箱の隅をほじくる


これらは「少しの」という意味ではなくて、千差万別。
ときおり7になったり2になったりするのが面白いな わーい(嬉しい顔)


では、数字を使った日本語の言い回しを見てみましょ。
パッと頭に浮かぶのは…


かわいい
かわいい 四六時中
かわいい
かわいい
かわいい
かわいい
かわいい 八九
かわいい
かわいい
かわいい
かわいい 五十


一番多いのは八で6つもあります。よって八の勝ち ぴかぴか(新しい)
ってことはないですけど、日本語の表現には特別な数字というのはなさそうで、全ての数字がまんべんなく入っているようです。




posted by Showcian at 12:34| Comment(12) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

I vocaboli li impariamo in set! 単語はまとめて覚えちゃお!

09121423.DSC04644-1.jpg

Con la cotoletta combina perfettamente la birra! トンカツにはやっぱりビールっしょ!



Al Natale scorso ho visto su internet un messaggio che ho trovato molto carino:


"Una pioggia d’auguri ed un pensiero dorato per un Buon Natale... ti voglio un mondo di bene 黒ハート"


Prima mi ha attirato il modo di dire "una pioggia di... 雨 ".
Crea proprio un'atmosfera di essere riempito da qualcosa, di essere affogato dai numerosi auguri!
Ne ho subito preso nota perche' sapevo solo "pieno di..." ペン


Poi la parola "dorato".
Sono riuscita subito ad indovinare che viene da "oro".


かわいい oro doraredorato


Significa cioe' un pensiero splendido, brillante, sacro e solenne, credo.
Un altro senso simpatico trovato sul dizionario l'ho intuito subito わーい(嬉しい顔).


"cotoletta dorata: rosolato dopo essere messo le uova sbattute"


Appunto! La carne brilla di colore oro ぴかぴか(新しい).


Se c'e' l'aggettivo "dorato" ci dovrebbero essere anche quelli di "argento" e "bronzo" e ho subito cercato il vocabolario.


かわいい argentoargentareargentato

"posate argentate"
"volpe argentata"

かわいい bronzobronzare / abbronzare bronzato /abbronzato

"statua bronzata"
"ragazzo abbronzato"


A proposito, comincia fra poco le Olimpiadi di Vancouver 雪
L'Italia e' forte in giochi olimpici invernali, vero?
Spero che vincano molte medaglie sia d'oro sia d'argento e sia di bronzo exclamation×2

120080307113333.jpg
tonkatsu dorato 輝くトンカツ

************************


去年のクリスマスにネット上でちょっといいメッセージを目にしました(まだクリスマスネタ たらーっ(汗)


Una pioggia d'auguri ed un pensiero dorato per un Buon Natale... ti voglio un mondo di bene
(直訳:降り注ぐ祝辞とクリスマスへの金に輝く想いを込めて…あなたが大好き 黒ハート


まずは「una pioggia di...雨のような、雨のように降る」という表現に、おおっひらめきときました。
いかにも祝福の雨がざばーーっと降り注いで、みんなが幸せになる感じ!
「pieno di...〜でいっぱいの」という言い方しか知らなかったので、これはいいですね〜。


そしてもうひとつ、「dorato」という単語。
oro 金」から来た言葉だろうな、ということはすぐ察したんですがね。


かわいいoro 「金」 → dorare 「金箔をかぶせる」 → dorato 「金色に輝く」


つまりは、荘厳に光り輝く神聖な想い、とでもいうんでしょうか。
でもね、辞書に載ってたもうひとつの意味が面白いの わーい(嬉しい顔)


cotoletta dorata: rosolato dopo essere messo le uova sbattuta
キツネ色に揚げたカツレツ:溶き卵をくぐらせたあとキツネ色に揚げた)


わ〜ん、美味しそう!!黄金色に輝くカツッ ぴかぴか(新しい)


dorato 金色に輝く」という形容詞があるなら、「argento 銀」と「bronzo 銅」のもあるはずだ、え?どうなんだ?ってことで辞書を見ると、ありましたありました。


かわいい argento「銀」→argentare「銀色にする」→ argentato「銀のような」

「posate argentate 銀メッキをした食器」
「volpe argentata 銀キツネ(の毛皮)」

かわいい bronzo「銅」
bronzare「青銅色にする」/ abbronzare「褐色にする」
bronzato「青銅色をした」/ abbronzato「褐色の」

「statua bronzata 青銅色した像」
「ragazzo abbronzato 日焼けした青年」


ところで、バンクーバーオリンピックがもうすぐ開幕ですね〜 雪
イタリアは冬季オリンピック競技にめっぽう強いですよね?
金メダルも銀メダルも銅メダルもたくさん取るよう祈ってます exclamation×2






posted by Showcian at 12:29| Comment(5) | 単語 vocaboli | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

Gli attori di sangue italiano イタリア系俳優

09102710.DSC04171-1.jpg

Sono bello anch'io? ボクもいけてる?



Il mio attore preferito e' assolutamente Al Pacino exclamation×2

Al_Pacino.jpg

tn2_al_pacino_1.jpg

Guarda che bello... che sexy... e' proprio impareggiabile.


Il suo vero nome e' Alfredo James Pacino ぴかぴか(新しい) .
E' nato a New York dai genitori immigrati dalla Sicilia, suo padre si chiama appunto Salvatore (Sapete che suo nonno e' di CORLEONE? がく〜(落胆した顔)).


Lo chiamavo per tanto tempo "Al" Pacino ma era il diminutivo di Alfredo!
ALFREDO... sento piu' simpatia per lui 黒ハート


Approfittando di quest'occasione ho cercato altri attori di sangue italiano.


Robert Mario De Niro, Jr.
188.jpg
genitori/ italoamericani

Leonardo Wilhelm Di Caprio
6847.jpg
padre/ italoamericano
madre/ tedesca

John Joseph Travolta
129489824.jpg
padre/ italoamericano (ancora Salvatore わーい(嬉しい顔))
madre/ irlanda-americana

Sylvester Gardenzio Stallone
A0001367-00.jpg
padre/ italoamericano
madre/ irlanda-americana

Nicholas Kim Coppola (Kage)
nicolas091003211701.jpg
padre/ italoamericano
madre/ tedesca


Ah, dovevo dire una cosa importante.
C'e' un altro attore preferito che viene dopo Al Pacino.


ぴかぴか(新しい) Andrés Arturo Garcia y Menéndez ぴかぴか(新しい)

288x428-2008112800004.jpg

Aiuto...troppo bello...
Come potete immaginare dal suo nome, e' dalla famiglia cubana ma non italiana! Peccato!
(Ma guarda, amo veramente gli uomini con il viso "meridionale" o meglio dire "latino" ひらめき)


Dunque, poi ci sono anche dei musicisti originariamente italiani.


Madonna Luise Ciccone
mv_01.jpg

John Francis Bongiovi, Jr. 
JonBonJovi.jpg


Steven Victor Tallarico
(Tyler)
StevenTyler.jpg


Ci dovrebbero essere molto di piu' ovviamente.
Fatemeli sapere se vi vengono in mente!

************************


私の一番好きな俳優といったら何といってもアル・パチーノ exclamation×2


上の写真をご覧くださいまし。
ううう、カッチョいい…それにセクシー…もう他と比較になりませんわ。


彼の本名はアルフレード・ジェイムス・パチーノ ぴかぴか(新しい)
NY生まれ、両親はシチリア移民で、お父さんはまさしくサルヴァトーレというそうです(おじいちゃんはマジでコルレオーネ出身 がく〜(落胆した顔))。


長年彼のことを「アル」パチーノと呼んできたけれど、それはアルフレードの愛称だったのね!
アルフレードかぁ…ますます親近感湧くなぁ 黒ハート


さて、これを機にイタリア系の俳優を探してみました。


ロバート・マリオ・デ・ニーロJr.

両親・イタリア系アメリカ人

レオナルド・ウィルヘルム・ディ・カープリオ
父・イタリア系アメリカ人
母・ドイツ人

ジョン・ジョセフ・トラボルタ
父・イタリア系アメリカ人(またもやサルヴァトーレ わーい(嬉しい顔)
母・アイルランド系アメリカ人

シルヴェスター・ガルデンツィオ・スタローン
父・イタリア系アメリカ人
母・アイルランド系アメリカ人

ニコラス・キム・コッポラ(ケージ)
父・イタリア系アメリカ人
母・ドイツ人


そうだ、大事な人を忘れてました。アル・パチーノに次ぐNo.2のお気に入り。


ぴかぴか(新しい) アンドレス・アルトゥーロ・ガルシア・Y・メネンデス ぴかぴか(新しい)(読み方OK?)


そうですよ、アンディ様でございますよ!アンディ・ガルシア
もうダメ…かっこよすぎる…(見事な富士額にも注目です)
でも本名から分かるように、彼はイタリア系ではなくキューバ系でした。残念 ふらふら
(それにしても私、「南イタリア顔」というか「ラテン顔」の男性が好き ひらめき


元に戻って。イタリア系のミュージシャンもいますよ。


マドンナ・ルイーズ・チッコーネ

ジョン・フランシス・ボンジョビJr.

スティーブン・ヴィクター・タッラーリコ
(タイラー わーい(嬉しい顔)


他にももっともっとたーくさんいるはず。
思い浮かんだら教えてくださいね!





posted by Showcian at 16:02| Comment(10) | 映画&音楽 film e musica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

La predizione si e' avverata 予言的中

09121623.DSC04656-1.jpg

Io amo la pace 平和が一番


Avete mai fatto cadere una lattina di birra sul pavimento?


Proprio ieri mentre ne stavo mettendo alcune nel frigo, una mi e’ scivolata di mano ed e’ caduta sul pavimento di cucina.
Disgraziatamente e' caduta urtando contro lo spigolo del tavolo.


Dopo un secondo c’e’ stato un disastro. 爆弾


La birra e’ cominciata a sgorgare dal buco, dal buchino di 2mm, come un tubo dell’acqua scoppiato o l’eruzione del Vesuvio!
Lo spruzzo e’ arrivato ben 1m d’altezza da mi serviva un tergicristallo per gli occhiali.


Ho chiuso a rotta di collo il buchino con un dito e ho messo subito la lattina in una ciotola con il buchino verso giu’.
La birra continuava a riversarsi spietatamente fino all'ultima goccia...poi l’ho bevuta tutta!


Sapete cosa?
Far cadere un contenitore di plastica di TOFU e’ ancora pericoloso.
Rovinerebbe molto facilmente ed il TOFU molle molle si spargerebbe totalmente anche 3m dalla cucina.
Provate a fare che e’ interessante! わーい(嬉しい顔)


Secondo una mia amica che un giorno aveva litigato con suo marito, l’uovo e’ anche disastroso.


Uscito per il lavoro suo marito, lei ne ha scagliato uno cha aveva in mano contro il pavimento con tutta l’ira.
E’ facile da immaginare com’e’ andato a finire, no?
Si e’ rotto in mille pezzi ed il rosso e bianco appiccicosi si sono sparsi fino alla prossima stanza...がく〜(落胆した顔)
L’ha pulito piangendo con un sentimento miserabile. たらーっ(汗)



Oggi ho scritto una cosa che non c’entra niente con la “lingua”, ve lo volevo solo raccontare perche’ e’ stata un’esperienza “fantastica” dell’anno nuovo.
Vi ricordate? La mia parola chiave di 2010 e’“SCOPPIARE むかっ(怒り)”!

img10143119920.jpg

木綿豆~1.JPG

tamago400.jpg
3 fratelli pericolosi

************************


皆さん、ビールの缶を床に落としたことってありますか?
ありますよね?ねね?あると言って!


それはまさに昨日の出来事。
冷蔵庫に缶ビールを入れていたら、一缶が手からつるっと滑って台所の床に落下。
それがですよ、こともあろうにテーブルの角にガツンッとぶつかって落ちやがったんです。


約1秒後、それはもうお正月気分なんてブっ飛んじゃうぐらいの事態が!! 爆弾


缶にあいた穴、2mmほどのちっちゃい穴からビールがシュパパパーッと猛烈な勢いで噴出したわけですよ。
それは破裂した水道管か、ベスビオ噴火の光景。
しぶきは高さ1mほどにも噴き上がり、メガネに超高速ワイパーが欲しかったぐらいです。


私は慌てふためいてその穴を指で塞ぎ、急いで缶を器に入れました。もちろん穴を下向きに。
ビールは容赦なく最後の一滴までじょぼじょぼと流れ出て…
もったいないから飲んじゃいました!イヒッ


知ってます?
豆腐のプラスチックケース、あれも危険なんですよ〜。
落としちゃうと案外簡単に壊れて、プヨプヨのお豆腐はぐっちゃー!と3m先まで飛び散りますよ〜。お試しあれ。わーい(嬉しい顔)


ご主人とある日喧嘩した友人が言うには、卵もたいそう悲惨だそうです。


ご主人が仕事に出たあと、彼女は怒りに任せて手に持っていた卵をバーンッと床に叩きつけたんですって。
どうなったかはお察しのとおり。
殻は木端微塵に割れ、ねばねばの黄身と白身は隣の部屋まで飛び散りまくったそうです がく〜(落胆した顔)
泣きながらそれを掃除する彼女。かーなーり情けない光景です たらーっ(汗)



今日は「言葉」には何の関係もない話でした。だってこのスバラシイ体験を皆さんに話したかったんだもん。
覚えてます?私の2010年のキーワードは「SCOPPIARE むかっ(怒り) 爆発」だったでしょ?






posted by Showcian at 16:08| Comment(8) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

Che sia un anno drammatico! ドラマチックな一年に!

005-1.jpg

La mia sorte e' sempre al sicuro ボクの運勢はいつも安泰


Buon anno! Come avete trascorso il fine anno ed il Capodanno?
Spero che io possa ricevere tanti visitatori anche quest’anno e continuare a fare un bello scambio delle idee sulle lingue italiana ed il giapponese!


A proposito, ieri ho visto un sito interessante riguardo alle frasi di auguri delle varie situazioni inviate dai visitatori di questo sito.
Dato che siamo all’inizio dell’anno, ho osservato quelli per il Natale e per il Capodanno.


I messaggi natalizi ce n’erano tantissimi:

ぴかぴか(新しい) Ti auguro un Natale pieno di soddisfazioni.

ぴかぴか(新しい) Natale significa nascita, e Gesu’ deve nascere in noi, nei nostri cuori. Buon Natale!

ぴかぴか(新しい) Il mio regalo per Natale non ha prezzo, non lo vedi in vetrina, ma lo senti nel cuore 揺れるハート ...


Uuu, che romantiche... cosi’ continuano altre ben 60 frasi! ひらめき


Da noi giapponesi invece abbiamo solo un messaggio per il Natale, che e’“メリークリスマス! merii kurisumasu! (Buon Natale)”
Ovviamente tra i cristiani giapponesi si dovrebbero scambiare gli auguri piu’ espressivi e profondi.


Per quanto riguarda per il Capodanno, secondo questo sito ce ne sono pochi, 3 o 4.


ぴかぴか(新しい) Tanti auguri per un felice anno 2010!

ぴかぴか(新しい) Buon Capodanno e tanti auguri per un 2010 felice e sereno.

ぴかぴか(新しい) Che sia per te un anno fantastico, buon 2010 di cuore...


Rispetto a quelli per il Natale sono molto semplici. Il primo gennaio e’ semplicemente il primo gennaio e niente di piu’.


Vediamo le frasi giapponesi.
Il Capodanno e’ molto considerato in Giappone e in tutte le citta’ si respira un’aria sacra che e’ diversissima da quella di “festa” natalizia.


明けましておめでとうございます
akemashite omedetougozaimasu (Buon anno nuovo)
昨年は大変お世話になりました
sakunenwa taihen osewani narimashita (Tante grazie per tutto quello che mi hai fatto l’anno scorso)
今年もどうぞよろしくお願い致します
kotoshimo douzo yoroshiku onegai itashimasu (Spero che ci possiamo rafforzare la nostra amicizia anche quest’anno (?))
良いお年をお迎えください。
yoi otoshiwo omukaekudasai (Tanti auguri per un felice anno nuovo)


E’ un saluto fisso. Un set. 
E’ difficile tradurre in italiano ma sara’ piu’ o meno cosi’.
Oltre a questo si scrive anche le proprie notizie, ambizioni, programme, e cosi’ via, per cui diventa abbastanza lungo.


Mi e’ stato molto interessante paragonare lo stile degli auguri tra italiano e giapponese わーい(嬉しい顔).

25690390_1.gif


************************


新年ですね〜!年末年始は皆さんどうお過ごしでしたか?
今年もたくさんの方が遊びに来てくださると嬉しいな。イタリア語と日本語についてまた皆さんとあれこれ意見交換できればと思います。


さて、昨日ちょっと面白いイタリアのサイトを見つけました。
誕生日やお祭りなど、年間の色んな場面別に色んなお祝いの言葉をみんなが投稿しているんですが、時節柄クリスマスと元旦のメッセージに注目してみましたよ。


クリスマスのはさすがにたくさんありました。

ぴかぴか(新しい) Ti auguro un Natale pieno di soddisfazioni.
あなたに喜びあふれるクリスマスを

ぴかぴか(新しい) Natale significa nascita, e Gesu’ deve nascere in noi, nei nostri cuori. Buon Natale!
クリスマスは誕生ということであり、イエス様は我々の中に、我々の心の中に生まれるに違いない。メリークリスマス!

ぴかぴか(新しい) Il mio regalo per Natale non ha prezzo, non lo vedi in vetrina, ma lo senti nel cuore...
私のクリスマスプレゼントはプライスレス、ウィンドーにも見つからない、でもあなたの心の中にきっと感じるよ、うふっ 揺れるハート


まあ、なんてロマンチック!こんな感じで他に60ものクリスマスメッセージが延々と続いておりました。ひらめき


日本で思いつく文といったらただ一つ、 メリークリスマス!」ぐらいだなぁ。
もちろんキリスト教徒の皆さんの間では、もっと表現豊かで奥深いお祝い言葉が交わされていると思いますが。


お正月に関しては、このサイトには4〜5文しか載ってませんでした。

ぴかぴか(新しい) Tanti auguri per un felice anno 2010!
2010年おめでとう

ぴかぴか(新しい) Buon Capodanno e tanti auguri per un 2010 felice e sereno.
明けましておめでとう、幸せで平穏な2010年おめでとう

ぴかぴか(新しい) Che sia per te un anno fantastico, buon 2010 di cuore...
あなたにとって素晴らしい一年になりますように、心から良い2010年を…


クリスマスに比べたらとてもシンプル。1月1日は1月1日であって、それ以上の何ものでもないですもんね〜。


日本ではどうでしょう。
日本では元旦はとても大切なものとされていて、クリスマスの「お祭り騒ぎ」的な雰囲気とは一変して、なんと言いますか、オゴソカな空気が街中に漂います。


ぴかぴか(新しい) 明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
良いお年をお迎えください。
ぴかぴか(新しい)


決まり文句!書くことない上司への年賀状はこれで決まりだね。
書くこといっぱいのお友だちには、これ以外に近況報告したり、抱負を述べたり、だらだらと結構長くなったりするもんですよね。


イタリアと日本のお祝いの言葉を比べてみるのは、思いのほか面白かったです わーい(嬉しい顔)









posted by Showcian at 17:06| Comment(7) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

Buon Anno! 明けましておめでとうございます!

imgf64a5514zikezj.jpg


Vi auguro un Anno Nuovo pieno di gioia e salute exclamation×2
Visitate in tanti anche quest'anno.
Vi aspetto sempre numerosi commenti わーい(嬉しい顔)


皆さんにとって素晴らしい一年になりますように exclamation×2
またじゃんじゃんいらして下さいよ〜
コメントもどしどしお願いします。
今年もよろしくお願いします わーい(嬉しい顔)






posted by Showcian at 23:57| Comment(6) | 皆様へ感謝 ringraziamento | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。