2010年01月17日

Non sto scherzando, mica male! 冗談抜きで悪くないんだってば!

002-1.jpg

Il becco e' il mio terzo piede クチバシは3本目の足



Conoscete “gli spaghetti napolitan” che esiste in Giappone da ben piu’ di 60 anni, da subito dopoguerra?
Non “NAPOLETANA” ma “NAPOLITAN” , mi raccomando! 手(パー)
Forse i primi spaghetti fatti nel nostro paese.


Prima di tutto voglio stupire i cari italiani che visitano questo blog spiegando come si fa il piatto ドコモポイント :

1. Friggi la cipolla affettata, i peperoni, le salsicce viennesi e dei champignon.
2. Stracuoci gli spaghetti finche’ non rimanga piu' niente di al dente.
3. Metti 2 nella padella di 1.
4. Aggiungi il ketchup abbondante e un pizzico di sale nel 3 e friggi ancora mescolando l’oggetto rosso.
5. Buon appetito!


Vi e’ venuta voglia di assaggiarlo, no? わーい(嬉しい顔)


Ho scritto in modo un po’ esagerato ma quello che venne fatto negli anni 1945-1950 doveva essere piu’ o meno cosi’.


Fu inventato da un cuolo giapponese di un ristorante a Yokohama (anche oggi rimane famosissimo) sotto la conquista degli Stati Uniti.
Vedendo mangiare i soldati americani gli spaghetti con la salsa di KETCHUP, il cuoco si fu appropriato dell’idea.
Invento’ anche un modo di cuocere gli spaghetti molli molli come うどん(udon) perche’ in quell’epoca i giapponesi non conoscevano la pasta al dente.
Dicono che li provo’ addirittura a lasciare per una notte per ammorbidire di piu' がく〜(落胆した顔) .


Nomino’ questo piatto “gli spaghetti NAPOLITAN ひらめき prendendo un suggerimento dalla salsa di pomodoro NAPOLETANA fatta alla maniera AMERICAN.


Adesso in Giappone si possono mangiare gli ottimi spaghetti “autentici” in tutte le citta’, pero’ a volte, 5 volte all’anno, mi viene voglia di mangiare questo NAPOLITAN.
Ha un gusto... come dire... nostalgico, ecco!
Anche perche’ ormai si e’ molto raffinato da poter dire che e’ buono!!
Provateli a mangiare se venite in Giappone!

090117naporitan.jpg
classico NAPOLITAN 懐かしのナポリタン


Non e' NAPOLITAN vero ma e' un menu' di plastica esposto in vetrina di ristoranti
サンプルナポリタンの作り方


*****************


スパゲティ・ナポリタン


ナポレターナではなくナポリタン。そこんとこヨロシク 手(パー)
戦後すぐに日本に登場して早60年、恐らく日本で最初のスパゲティですよね。


まぁとりあえずは作り方を説明して、このブログに来てくれるイタリア人諸君にブッたまげてもらおうと思います ドコモポイント

1. たまねぎ薄切り、ピーマン、ウィンナー、マッシュルームを炒める。
2. スパゲティをこれでもか!ってぐらい茹でる。ゼロ・デンテ。
3. 2を1のフライパンに投入。
4. 山盛りのケチャップと塩ひとつまみを加え、混ぜながらその赤い物体を更に炒める。
5. いただきまーす。


どう?食べてみたくなったでしょ? わーい(嬉しい顔)


ちょっと大げさに書きましたが、でも1945-1950年頃はきっとこんな風に作られてたはず。
アメリカの占領下の横浜で、あるレストランの(有名なあそこですよ!)日本人料理人が考案した料理ですよね。
米兵たちがケチャップソースのスパゲティをがつがつ食べているのを見て考えついたらしいですよ。


その当時の日本人はアル・デンテなんて知らなかったですからね、硬いパスタなんてなんじゃこりゃあ!だったでしょうから、うどんのようにフニャフニャになるまで茹でたり、そのあと一晩ほったらかして更に柔らかくしたりしたって。マジですかーっ? がく〜(落胆した顔)
日本人好みに更に色々アレンジして…


そして彼は、ナポリのトマトソースと、ケチャップどっさりのアメリカンなスタイルにヒントを得て、それを「スパゲティ・ナポリタン ひらめきと命名!
(「タン」って??「ナポリン」じゃダメ?)


今や日本のどの街でもイタリア人もビックリの美味しいスパゲティが食べられます。が、たま〜に、年に5回くらいこのナポリタンが無性に食べたくなります。
それは…青春の味。胸キュン?(←死語)本物のイタリアのスパゲティとはまたちょっと別物扱いのパスタ。年賀状はやり取りしているけど、ずっと会わなかった古い友人にたまには会いたくなるっていう感じ?進化を遂げて美味しくもなってるようだし。
イタリア人たちにもぜひ食べてもらいたいなぁ。 


(「タン」、分かりました。書き終えて5時間後にあーっそっか!って。アホやな〜。NAPOLETANAの「TAN」だな。でもなぜかNAPOLITANと前半は都市名の「NAPOLI」。NAPOLI+NAPOLETANの合体型だったと。)







posted by Showcian at 11:15| Comment(8) | 日本における伊語 italiano in Giappone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。