2010年07月05日

Andare controcorrente 時代に逆行

9110715-1.jpg

Dal punto di vista inferiore 下から目線



Alcune settimane fa mentre leggevo un articolo italiano su internet, ho trovato questa frase:

数週間前にネットでイタリア語のある記事を読んでいてこんな文を見つけました。



“・・・ho sprecato l’inchiostro perche’・・・”

・・・インクを無駄にした、なぜなら・・・




Forse ne ho preso nota rapidamente percio’ non mi ricordo su che cosa si raccontava.
Secondo il mio dizionario sprecare l’inchiostro significa scrivere le lettere ad una persona che non ti risponde mai.
Sembra un vecchio modo di dire allora, perche’ oggi tutti ci si comunica tramite i computer!

面白い表現だなと思ってこれだけささっとメモを取ったもんで、なんについての記事だったか覚えてません。
インクを無駄にすることのどこが面白いんだ?
いやいや、これがですね、ちっとも返事をくれない人に手紙を書いて、あ〜あ、バカみたい!という意味なんですよ。
インク返せ、このやろこのやろ!
みんなパソコンでやり取りするサッコン、これはペン先にインクをつけて書いていた遠い昔の表現の名残りかもしれませんね。




Ma questa locuzione la trovo simpatico perche’ e’ molto facile da capire.
Quando non esisteva ancora e-mail, oltre alla telefonata ci si scambiavano le lettere e si aspettava con pazienza finche’ arrivasse la risposta.
Quando non ci si faceva vivo, ci si sentiva ansioso e impaziente, ma invece si era molto felice quando si trovava una busta nella cassetta per le lettere, e la si apriva in fretta tutto contento.るんるん
Un bel ricordo dello Slow Life che abbiamo perso nella vita attuale.

でもこの言い回し、中々いいと思うな〜。せこいけど分かりやすいもん。
メールがまだなかった頃は、電話以外の通信手段は手紙でしたよね。返事が来るまでじっと待つしかなかった。
いつまでたっても何も書いてこないと心配になったり、なんで返事よこさないんだ!キーッなんてイライラしたものです。
でもある日ポストに手紙が届くと何だかとっても嬉しくなって急いで開けたりもしましたよね るんるん
今やもう無くなってしまったそんなスローライフの想い出です。




A dire il vero pero’ ho una amica tedesca con cui scambio lettere da 20 anni! メール
Ci siamo conosciute nel 1989 ad una scuola per stranieri di Firenze e da allora ci scriviamo in ITALIANO senza sprecare nemmeno una goccia d'inchiostro わーい(嬉しい顔)
Non e’ che non siamo capace di usare il computer, a noi piace questo antico mezzo di corrispondenza!
Scrivi a mano, la metti in una busta, incolli, applichi i fancobolli scegliendo quelli piu’ belli ed impostare...
Non si sa quando ci arriva, ma non c’importa. Ci godiamo questo tempo corrente lentamente tra la Germania ed il Giappone.

でも実を言うと、私は20年間手紙のやり取りをしているドイツ人の友人がいるんです メール
1989年にフィレンツェの語学学校で知り合った子なんですけど、それ以来ずーーーっと一滴もインクを無駄にすることなくわーい(嬉しい顔)お互いイタリア語で文通しています。文通ですよ、ぶ・ん・つ・う。カピカピに干からびた死語ですが、でもね、これがまたいいんですって!
手書き、封筒に入れて、糊付けして、なるべく綺麗な切手を貼って、投函・・・
e-mailに真っ向から勝負を挑むこのド級アナログ系通信手段を私たちはこよなく愛しているわけです。
いつ届くかなんていいの。ドイツと日本の間でのんびりのんびり行き来するお互いの手紙を想像すると、そういうのもいいな、なんて思うのです。


IMGP0409.JPG


i francobolli esteri ci danno la sensazione del viaggio

外国の切手は旅情をそそります






posted by Showcian at 23:24| Comment(2) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。