2010年07月23日

Volentieri o malvolentieri? しぶしぶ?それとも喜んで?

IMGP0588-1.jpg

Non ne posso piuuu'! 我慢できなーい!



Guardate il poverino Pakkun! Quando fa molto caldo, gli uccelli spalancano le ascelle per far uscire il calore. Le ascelle si dice in giapponese 脇 (waki) per cui questa posa viene chiamata Waki-Waki tra gli amatori di cocorite. わーい(嬉しい顔)
Pakkun vola da me, mi guarda mettendosi in super Waki-Waki e mi implora di accendere il condizionatore.あせあせ(飛び散る汗)
OK, caro, accendiamolo!

この情けないパックンを見て下さい。あんまり暑いと鳥は脇を広げて熱を放出しようとします。インコ愛好家の中でこれはワキワキのポーズと呼ばれています わーい(嬉しい顔)
エアコンのつけ過ぎもよくないので午前中ぐらいは窓を開け、私の我慢大会in灼熱地獄に彼を突き合わせてるんだけど、ばばーっと飛んできてドンッと私のまん前に着陸し、た・た・頼むからエアコンつけてくれ・・・あせあせ(飛び散る汗) とワキワキ全開で懇願するんですよ。
分かった分かった、今つけるからさ。


IMGP0592-1.jpg



L’altro giorno, sempre al corso di traduzione, ho saputo una cosa che non ci avevo mai pensato.
Il testo che trattavamo era una novella intitolata “Aldabra” di Silvana Gandolfi.
C’e’ un discorso tra una nipotina e sua nonna in cui la nonna le racconta che nel passato voleva trasformarsi in qualcosa.

先日、またいつのもように翻訳レッスンで、これまで全く考えもしなかったことを知ることとなりました。
教材はシルバーナ・ガンドルフィという作家の「アルダブラ」という小説だったんですがね。孫娘とおばあちゃんの会話で、おばあちゃんは昔あるものに変身したかったんだよ、と言う場面があったんです。


nipotina: In cosa ti volevi trasformare, nonna?
孫娘:おばあちゃん、何に変身したかったの?
nonna: Non riesco a ricordarmelo.
祖母:思い出せないわねぇ。
nipotina: In una sirena?
孫娘:人魚とか?



Poi la nonna le risponde cosi’: するとおばあちゃんはこう答えるんです。


nonna: Una sirena? Ora che me lo dici (...) Per forza non ci sono riuscita, le sirene... non sono nemmeno sicura che esistano!
祖母:人魚?そう言えばそうだったかもしれないね (...) もちろん変身なんてできなかったよ... だいたい人魚なんて本当にいるのかどうかも分からないんだから!



Non solo io ma quasi tutti gli studenti hanno tradotto questo per forza in un significato come “benche’ io abbia fatto uno sforzo”, ma non era cosi’.
Abbiamo saputo per la prima volta che per forza avesse un senso tipo “certamente” o “ovviamente”!! ひらめき
E quindi in questo caso la nonna dice che naturalmente non e’ riuscita a trasformasi in una sirena, perche’ non e’ nemmeno sicura che esistano le sirene.

この per forza、私だけでなく生徒の皆さんの大半が「どんなに頑張ってみても(変身できなかった)」といった意味に訳しました。でも違うんですね〜!!
per forza「当然」「〜するのは当たり前」という意味があるって知ってました?!恥ずかしながら私はじめて知りましたよ!ひらめき
なのでこの場合は、おばあちゃんは人魚なんて本当にいるのかしらん、と思っていて、どんななのかも分からないんだから変身できなかったのも当然、といったニュアンスなんですねぇ。
 



Forse i giapponesi che studiano italiano sanno bene l’uso di per forza con un senso come “necessariamente”, “anche se non si vuole”, “non resta che fare”, ecc.

イタリア語を勉強している日本人の方は多分、「必要に迫られてやむを得ず」「不本意にも」といったper forzaの使い方はよく知っていると思うんです。


A: Hai fatto i compiti?
宿題やった?
B: Si’, per forza, se no, mia mamma mi amazzera’!
うん、しょうがなくね、だってやらないとママに殺されちゃうもん

A: Com’e’ andata a finire la tua storia con tua moglie?
で、奥さんとどうなった?
B: Beh, non posso divorziare in questo momento. Ora dobbiamo stare insieme per forza.
ま、今の時点で離婚はできないんだよな。今は一緒にいるしかないんだ(トホホ)



Ma con grande sorporesa, ha un altro significato quasi contrario!

ところが驚いたことに、正反対ともいえる意味が!


A: Ti e’ piaciuto “Benjamin Button”?
「ベンジャミン・バトン」好きだった?
B: Per forza, c’e’ Brad Pitt!
もちろん!ブラピが出てるもん!

A: Andiamo a ballare stasera?
今夜踊りに行く?
B: Si’! Per forza! 
うん!もちろん!(行く行く!わーい!)




Mmmm, praticamente non mi e’ familiare questo modo di usare.
Ma mi chiedo come si distinguono questi due. Dipende dal tono della voce?

うーむ。このやる気満々な方のper forzaはどうもピンと来ないなぁ。forzaは「力」だからper forza「力によって」→「力づくで(やらざるを得ない)」と、どうしても思考がネガティブな方へ向いてしまいます。
渋々やるper forzaと、底抜けに前向きなper forza、どういう風に区別するんだ?もしかして暗く言うか、明るく言うか?


la mia ragazza: Stasera vieni da me a cenare insieme?
彼女:今晩うちで一緒に夕飯食べない?
io: @ Si’! Per forza! (= certamente! もちろん! )
A Si’, per forza... (= non mi va pero’, vabbe’...vengo 乗り気じゃないけど、ま、行くよ)

Pakkun: Non ce la faccio piu’! Mi accendi il condizionatore?
パックン:もうダメ!エアコンつけてくれ。
io: @ Si’! Per forza! (= certo! l’accendo subito! はいよ!すぐつけるよ!)
A Si’, per forza... (= di gia’? vabbe’... l’accendo もうつけんの?ま、いいや、つけるよ)




Qualcuno me lo potrebbe chiarire?

どうなんでしょうか。どなたか教えて〜。



IMGP0583-1.jpg





イタリア人の皆さんのコメントより
posted by Showcian at 21:36| Comment(4) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。