2009年09月12日

Un bel ricordo

07020321.DSC00489.JPG


Perche' sei cosi' ciccione? メタボ検診行った方がいいよ


C'e' una frase in italiano di cui ho tanta nostalgia.

"Spero che non si offenda!"

Mio padre, che e' morto luglio scorso, la diceva spesso per scherzo.

L'ha imparata quando viveva a Milano per lavoro.
Era sulla quarantina, la sua prima esperienza di lavorare con gli italiani.

All'inizio probabilmente non sapeva niente del loro modo di pensare, di lavorare ne' il loro senso dei valori,
e doveva essere molto duro per lui imparare le tecniche
di fare gli affari con gli italiani molto diversi dai giapponesi.

Durante il buisiness che non procedeva come si aspettava mio padre, doveva essere stato detto spesso cosi':

"Signor ***, spero che non si offenda ma ..."

たらーっ(汗) たらーっ(汗) たらーっ(汗)

Mio padre sapeva benissimo parlare inglese ma mi sa che non avesse disposizione per le altre lingue.

Partecipava alle lezioni d'italiano per gli impiegati della sua compagnia, ma siccome non riusiva, o meglio dire rinunciava a ricordare le coniugazioni dei verbi,
era abbandonato dall'insegnante.

Pero' solo questa "Spero che non si offenda" l'ha imparata subitissimo e ripeteva a dire scherzando anche a noi.
Benche' sia abbastanza complicata grammaticalmente:
"sperare" piu' il congiuntivo, inoltre con un verbo riflessivo "offendersi".
Il livello medio-superiore??

E' un bel ricordo di lui かわいい.
Spero che non si offenda al Cielo per essersi svelto che era un fallito della classe d'italiano!

********************************


私にとって懐かしいイタリア語のフレーズがあります。

"Spero che non si offenda! お気を悪くされないといいんですが"

昨年7月に亡くなった父は、ふざけてこれをよく言ってたんです。

仕事でミラノに住んでいた時覚えたこのフレーズ。
その頃父は40歳ぐらい、イタリア人と仕事をする初めての経験でした。

最初は彼らのものの考え方や、仕事の仕方、価値観なんかも
恐らく全然分からず、日本人とかなり違うイタリア人たちとビジネスするコツをつかむのはとてもハードだったろうと思います。

思うように進まない仕事の中で、しょっちゅう言われたんだと思うんですよね:

「ミスター***、恐縮なんです・・・」

たらーっ(汗) たらーっ(汗) たらーっ(汗)

父は英語はバッチリでしたが、他の言語はいまいちで…。

会社が社員に行ってるイタリア語レッスンには参加してましたが、
動詞の変化が覚えられない、っちゅーか、ほとんど覚える気が
ないっちゅー感じでして、先生からも諦められてました。

でもこの「お気を悪くされないといいのですが」だけはすぐ覚えて、私たちにもふざけてよく言ってました。

文法的には結構複雑ですよね、
「sperare 願う + 接続法、更に offendersi 気を悪くする」
という再帰動詞ですもん。
中上級クラスぐらい??

父のいい想い出です かわいい
イタリア語のクラスで落ちこぼれだったことがバラされて、
天国で気を悪くしてないといいんですけどね〜





posted by Showcian at 12:16| Comment(0) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。