2010年01月20日

Una coincidenza miracolosa 奇跡の一致

038-1.jpg

Ciao a tutti! 皆さん、こんにちは!



Circa 10 ann fa quando abitavo a Fukuoka insegnavo italiano ai principianti a casa mia...no...e’ troppo arrogante dire “insegnavo”... organizzavo un piccolo gruppo in cui venivano delle ragazze interessate in Italia. Quasi tutte erano di Fukuoka.


Un giorno una fra di loro non poteva venire in tempo. Mi ha chiamato e detto:


“すみません、あと20分で来ます! sumimasen, ato nijuppunde kimasu” (Scusa, vengo in 20 minuti)


ひらめきひらめきひらめき Eeh?! “来ます (vengo)”???!!!


Sia in italiano sia in inglese si usa il verbo venire quando si parla con qualcuno verso cui si dirige.


A: Showcian, vieni qua!
S: Si’, vengo subito!

A: Showcian, come here!
S: Yes, I’m coming right now!



In giapponese invece, cioe' in giapponese generale diciamo, si usa andare”.


A: Showcian, おいでよ! oideyo (vieni qua!)
S: うん、すぐ行く! un, sugu iku (Si’, vado subito!) [行く iku = andare]


Ma con mia sorpresa, a Fukuoka si usa "venire" exclamation×2


A: Showcian, おいでよ! oideyo(vieni qua!)
S: うん、すぐ来る けん! un, sugu kuruken (Si', vengo subito!) [来る kuru = venire]


Dopo ho saputo che e’ un dialetto di Fukuoka! (“けん ken” e’ un suffisso del dialetto fukuochese)


Ma come si poteva immaginare che c'era l'uso comune di verbo "venire" tra italiano ed un dialetto regionale del Giappone?! Fantastico ぴかぴか(新しい) !


Praticamente i principianti fanno fatica a comprendere se devono usare sia "venire" o "andare", perche' da noi e' contrario come avete visto prima.


io: Come risponderesti a questa domanda? "Domani vado alla festa. Vieni anche tu?"
A: Ummm..."Si',
vado anch'io." (tradotto da "うん、私も行く un, watashimo iku)
io: Nooooo, devi dire "Vengo anch'io", eh!


Ma le ragazze fukuochesi li manovravano tranquillamente, anzi, sembravano di non aver capito perche' ghiel'ho fatto una spiegazione con tanto entusiasmo わーい(嬉しい顔)

810.jpg

Vengo subito!!! すぐ行くよ!!!

***********************


10年ほど前に福岡に住んでいたころ、自宅で初級者にイタリア語を教えていました…あ、いや、「教えていた」だなんてちょっとエラそうだな…小さなサークルもどきを作って、イタリア大好きな人たちに来てもらってました。来てくれてた彼女たちはほとんどが福岡出身。


とある日、一人の子が少し遅れて来ることになり電話をしてきました。


「すみません、あと20分で来ます!」


ひらめきひらめきひらめき え?今なんて?「来ますexclamation&question


イタリア語でも英語でも、自分が今そっちに向かっている人に対しては「venire, come 来る」を使いますよね。


A: Showcian, vieni qua! (Showcian, おいでよ!)
B: Si', vengo subito! (うん、すぐ行く!)

A: Showcian, come here!
B: Yes, I'm coming right now!



でも日本語では一般的に「行く」を使うわけです。


A: Showcian, おいでよ!
B: うん、すぐ行く



ところが驚いたことに、福岡では「来る」を使うのであった exclamation×2


A: Showcian,おいでよ!
B: うん、すぐ来るけん!



後にそれが福岡の方言であることを知りました。(「けん」もですね〜。いいですね〜。大好き、この「けん」)


それにしてもオモロイなぁ。イタリア語と日本の一方言の間にこんな共通点があるとはなぁ。


実際、この「venire 来る」と「andare 行く」のどっちを使えばいいのか、イタリア語初級者にはちょっとややこしい問題なわけです。


私:じゃこの質問にはどう答える? 『Domani vado alla festa. Vieni anche tu? 明日のフェスタに私は行くけどあなたも来る?』
A: えーっと…『Si',
vado anch'io. うん、私も行く
私:ブッブー パンチVengo anch'io 私も来る』だよ〜ん。


福岡の彼女たちはそれを難なくクリア。
というより、この人はなんでこんなにこのことを熱く説明しているのだ?という顔をしていました。
いや〜まいったまいった ふらふら



posted by Showcian at 18:33| Comment(2) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ、ジャイアン!!^^

Showcianへ
 4月に遊びに来るけん待っとってね!
(4月に遊びに行くので待ってて下さいね)
Posted by Ciliege at 2010年01月22日 04:21
>Ciliegeちゃん

あれは確かA様だったわ。それでですね〜って^^ 懐かしいなぁ。
待っとく待っとく!早くおいで〜。
Posted by Showcian at 2010年01月22日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。