2010年05月07日

Non solo それだけじゃないよ

030-1.jpg

Mezza trasparente 半分透明


Quando si comincia ad imparare italiano, e forse quando gli stranieri studiano giapponese, uno dei dialoghi che c'e' all'inizio del libro di testo sarebbe:

イタリア語でも日本語でも、勉強始めたばかりの頃テキストの最初に出てくるフレーズの一つはこれですよね。



A: Grazie! ありがとう!
B: Prego! どういたしまして!




E di solito non s'impara piu' niente altre espressioni simili benche' ce ne siano parecchi.
Prego! lo comprendo come l'espressione piu' generale ma sottintende una prospettiva d'essere ringraziato, o sbaglio?

そしてたいていの場合、他の表現はほとんどもう習わないんですよね、他にもいっぱいあるというのに。
Prego!は、Grazieに対する一般的な返事ではあるけど、お礼言われるのが予測される場面、といいますか、自分の行為に対して相手はきっとお礼を言うだろう、え?ありがとう言わないってどういうこと?みたいな感情が言外に込められている、と理解してますがどうでしょう。
あ、ちょっと言い過ぎ?ま、言ってみれば感謝されることへの驚きはない、と。



barista: Ecco un caffe'. コーヒーどうぞ 
io: Grazie. ありがとう 
barista: Prego!どういたしまして(って日本じゃ言わないけどイタリアでは言う)



Ma non e' che parliamo sempre sperando di ricevere un ringraziamento! パンチ
Inoltre, la versione giapponese ありがとう (arigatoo)→どういたしまして (dooitashimashite) la trovo uno scambio troppo stereotipato, e praticamente non si usa tanto どういたしまして. たらーっ(汗)

でもそんな恩着せがましい会話ばかりしているわけじゃありませんよね! パンチ
それに日本語のこのありがとうどういたしまして。これってとてもステレオタイプ。学校ではこう習うし、Pregoの訳もこれだけど、どういたしましてって普段言います?あんまり言わないですよね〜 たらーっ(汗)




Ora vediamo degli altri modi di dire con le situazioni diverse. Se c'e' qualche equivoco, ditemelo pure che non sono affatto sicura!
Ho anche pensato come direbbero i giapponesi in queste circostanze. Ma vi dico in anticipo che sono molto colloquiali.

では、他の場面で使いそうな、Prego!どういたしまして!に代わる表現を見てみましょうか。間違って理解しているものがあったらどうぞ言って下さいよ!自信ないですからね。
日本語でもこんな時どういう風に答えるかな、と考えてみました。



A: Ah, hai preparato tu la cena? Grazie!
B: Figurati!
(とんでもない)

A: あれ、夕飯作ってくれたの?ありがとう!
B: いやいや
(iya iya)/ いえいえ(ie ie) / どういたしまして (dooitashimashite)

***************************************************************

A: Mi presti il tuo ombrello? Grazie!
B: Di niente!
(そんなのいいよ)

A: 傘貸してくれる?ありがとう!
B: い〜え〜
(iiee)

***************************************************************

A: Grazie per avermi accompagnato!
B: Non c'e' di che!
(感謝することなどない)

A: 送ってくれてありがとう!
B: とんでもない!
(tondemonai)

***************************************************************

A: Grazie per essere venuto alla festa!
B: Grazie anche a te!
(あなたにもありがとう)

A: パーティに来てくれてありがとう!
B: こちらこそ!
(kochirakoso)

***************************************************************

A: Ti ringrazio di avermi ospitato ben 3 giorni!
B: Ma scherzi!
(また冗談でしょ)

A: 3泊も泊めてくれてありがとう!(感謝します!)
B: なに言ってんの!
(nani ittenno)

***************************************************************

A: (B mette la mia valigia pesante in portabagali) Grazie!
B: Di che?
(何が?)

A: (Bが重い鞄を車のトランクに入れてくれて)ありがとう!
B: お安いご用!
(oyasui goyodesu)




Infatti ci sono parecchie variazioni che possono esprimere una sensazione piu' profonda del banale GraziePrego. ひらめき
E sicuramente ci dovrebbero essere molto di piu'.

お礼なんて言わないでよぉ、もーみずくさいなぁ!というようなニュアンスを出したい場合、やはりGraziePregoではダメなのです。
驚きのない「どういたしまして」なんかより、んもう!なにお礼なんて言ってるのよ!(なぜか
オネエ)の方が感じ出ますよね ひらめき

上のMa scherzi!Di che?は、ミラノやローマの友人(両方男性)に実際この場面で言われたことがありまして、なんでか分からないんですけどステキ!!と思っちゃったんです。
単に「いやいや、それほどのことでも」と言われただけなのに、うっ優しい・・・惚れる揺れるハートって(←バカ)

prego2.jpg

Ah, mi sono ricordata una frase che un giorno mi aveva detto apposta una mia coppia di amici per farmi sapere una nuova espressione:

そうだ、他の友人夫婦が言ってたフレーズも思い出した。私に教えるために敢えて使ったんだと思うんですが。


かわいい Non ci mancherebbe altro!
他に足りないものなどない→とんでもない!なに言ってるの!



Umh... in quel momento ho capito il senso, ma non mi e' ancora familiare.
Lo si usa normalmente come Figurati! ??

うーむ、その時は分かったんですけどね、でもまだ今ひとつ分からないこの表現。
普通にFigurati!のように使うのかな。
どなたか教えてくださーい。





posted by Showcian at 15:21| Comment(4) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういうトピック大好きです。
「Ci mancherebbe.」もよく耳にするんですけどね、
私もShowcianといっしょでこの手の返事に弱いです。^^

パックン薄〜〜い!!^^
Posted by Ciliege at 2010年05月08日 04:54
Mi sembra che "ci mancherebbe" sia usato meno di "figurati". Credo che si usi nelle situazioni un po' formali, dove magari non si conoce bene la persona che ci rigrazia!

volevo chiederti una cosa: ho notato che alla fine delle domande che scrivi, spesso appare un "の"... e' la prima volta che vedo quel の alla fine di una frase, e ho controllato sul mio libro di grammatica, che dice che の alla fine della frase e' "tipico del linguaggio femminile". E' vero? mi conviene non usarlo, io che sono un maschietto, giusto? quando studio il giapponese ho tanta paura di finire per parlare come una femmina! ahahahah ^^''
Posted by Virgilio Ruberti at 2010年05月08日 11:35


>Ciliegeちゃん

やっぱり喰いついてくれたね!こういうのって楽しいよね。
そこに住んでないと中々耳にする機会がないから難しいんだけど、どのテキストにも載ってるようなステレオタイプの会話じゃなくて、もうひと越え!と思うんだな〜
あ、Virgilio君がCi mancherebbeの解説してくれてるよ。
Posted by Showcian at 2010年05月08日 18:04
>caro Virgilio

Ahaha! Poveretto Virgilio, ma non hai bisogno di terrorizzarti nel usare の alla fine della frase!
Come dici tu, una domanda finita con の suona un po' piu' dolce di quella senza, ma lo usa anche i maschi, perfino i maschi virile.(^o^)

もうご飯食べたの? moo gohan tabetano?
今日どこ行ったの? kyoo doko ittano?
魚は何が好きなの? sakana wa naniga sukinano?

Puoi' dire cosi' senza nessun problema. Va benissimo! Infatti mio marito mi dice sempre in questa maniera.

PERO'! Ti devo dire che e' il modo di parlare degli uomoni di TOKYO, e non sono sicura se sia accettabile anche in altre regioni.
Praticamente quando noi vivevamo a Fukuoka, una mia amica di Fukuoka mi ha detto sentendo parlare mio marito "Mamma, un uomo di Tokyo parla in maniera cosi' dolce?".
Lei l'ha trovato dolce non nel senso "femminesco" ma molto piu' gentile rispetto ai maschi di Fukuoka.
Posted by Showcian at 2010年05月08日 18:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。