2010年08月16日

Cerco di non far fuoriuscire あふれないようにします



09102212.DSC04076-1.jpg

Quando ero piccolo 子供のころ



A dire il vero, io non sono tanto paziente.ドコモポイント
Non e' che me la prendo facilmente ma il mio volto tradisce subito il mio sentimento scontento 爆弾, di solito non riesco a trattenermi da far notare ed alla fine finisco col arrabbiarmi!

白状しちゃうと、私はそんなに忍耐強い方じゃありません ドコモポイント
いや、そんなにしょっちゅう火を吹いて怒ってるわけではないんですが、決してないんですが、すぐ顔に出ますね〜。ムカチーン爆弾はもう待ったなしに出ます。で、黙っておれなくて吠える(結局怒ってるじゃん)。


L'ultima goccia fa traboccare il vaso
最後の一滴が壺をあふれさせる



Questo modo di dire mi piace tanto perche' mi sa che esprimi appunto l'ultimo momento in cui si accende l'interruttore dell'arrabbia. どんっ(衝撃)

コップには忍耐という名の水が入っていて、溜まりに溜まって水はもう表面張力状態。
そこにピッチョー・・・ンと最後の一滴が!!!忍耐の水はジャブ〜とあふれ出し、さぁもう感情制御不能だ!ウギャギャギャーーッジャブジャブーッどんっ(衝撃)
・・・といった表現です。まさに最後の最後の瞬間を描写したスバラシイ表現だと思うんですよ。怒りだけでなく、困った状態の上に更にまた嫌なことが!というような意味もあるのかな。

images.jpg


L'ultima goccia fa traboccare il Sake
最後の一滴が酒をあふれさす




堪忍袋の緒が切れる (kannin-bukuro no o ga kireru)
Si spezza lo spago che legava un saccone di kannin (= pazienza)



images.jpg



In giapponese invece l'ultimo momento lo si esprime con uno spago spezzato.
A quanto si dice il sacco e' quello che porta Hotei-sama, una delle sette divinita'. Come potete capire dalla sua apparenza, lui e' un personaggio molto generoso e sorride sempre. Ma c'e' una ragione. Non si arrabbia mai perche' getta tutta la sua lamentela nel suo saccone e lega con uno spago per non far fuoriuscire.ぴかぴか(新しい) Grande, no?
Da questa leggenda, si dice che se aumentano troppi dispiaceri da spezzare lo spago, non si puo' piu' non arrabbiarsi, persino Hotei-sama!?

日本語で言うところのコレですね。
堪忍袋とは七福神の布袋様が持っている袋なんですね〜。日頃の怒りはポイポイッと袋の中に放り込んで、外に出てこないように紐(緒)でギュッとしばり、何事もなかったかのようにお腹を揺らしてニコニコしているだなんて、なんて偉大なの、ホテー様!!ぴかぴか(新しい)
私なんて袋に一度は入れる努力はするけど、紐をしばるかしばらないかのうちに新たな感情の爆発が発生、袋を開けたり閉じたりするしりから中身がボワワ〜と外に出てしまう、なーんて毎日だっつーのに!




D'ora in poi io dovrei cercare di non far traboccare il vaso ne' riempire troppo il sacco.ふらふら
Relax, relax...

コップにいつも半分くらい水が入ってるからすぐにあふれてしまうんだわ!
常日頃コップをからっぽにしておけば少々のことじゃジャブ〜ってならないのよ。そうよ、そうなのよ!
堪忍袋もね、いっぱいになりそうだったら天袋にでもしまって、新しい袋を買ってきます。
さすればまた暫くカラだしね。

img_694896_18369604_2.gif









posted by Showcian at 12:43| Comment(9) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

Volentieri o malvolentieri? しぶしぶ?それとも喜んで?

IMGP0588-1.jpg

Non ne posso piuuu'! 我慢できなーい!



Guardate il poverino Pakkun! Quando fa molto caldo, gli uccelli spalancano le ascelle per far uscire il calore. Le ascelle si dice in giapponese 脇 (waki) per cui questa posa viene chiamata Waki-Waki tra gli amatori di cocorite. わーい(嬉しい顔)
Pakkun vola da me, mi guarda mettendosi in super Waki-Waki e mi implora di accendere il condizionatore.あせあせ(飛び散る汗)
OK, caro, accendiamolo!

この情けないパックンを見て下さい。あんまり暑いと鳥は脇を広げて熱を放出しようとします。インコ愛好家の中でこれはワキワキのポーズと呼ばれています わーい(嬉しい顔)
エアコンのつけ過ぎもよくないので午前中ぐらいは窓を開け、私の我慢大会in灼熱地獄に彼を突き合わせてるんだけど、ばばーっと飛んできてドンッと私のまん前に着陸し、た・た・頼むからエアコンつけてくれ・・・あせあせ(飛び散る汗) とワキワキ全開で懇願するんですよ。
分かった分かった、今つけるからさ。


IMGP0592-1.jpg



L’altro giorno, sempre al corso di traduzione, ho saputo una cosa che non ci avevo mai pensato.
Il testo che trattavamo era una novella intitolata “Aldabra” di Silvana Gandolfi.
C’e’ un discorso tra una nipotina e sua nonna in cui la nonna le racconta che nel passato voleva trasformarsi in qualcosa.

先日、またいつのもように翻訳レッスンで、これまで全く考えもしなかったことを知ることとなりました。
教材はシルバーナ・ガンドルフィという作家の「アルダブラ」という小説だったんですがね。孫娘とおばあちゃんの会話で、おばあちゃんは昔あるものに変身したかったんだよ、と言う場面があったんです。


nipotina: In cosa ti volevi trasformare, nonna?
孫娘:おばあちゃん、何に変身したかったの?
nonna: Non riesco a ricordarmelo.
祖母:思い出せないわねぇ。
nipotina: In una sirena?
孫娘:人魚とか?



Poi la nonna le risponde cosi’: するとおばあちゃんはこう答えるんです。


nonna: Una sirena? Ora che me lo dici (...) Per forza non ci sono riuscita, le sirene... non sono nemmeno sicura che esistano!
祖母:人魚?そう言えばそうだったかもしれないね (...) もちろん変身なんてできなかったよ... だいたい人魚なんて本当にいるのかどうかも分からないんだから!



Non solo io ma quasi tutti gli studenti hanno tradotto questo per forza in un significato come “benche’ io abbia fatto uno sforzo”, ma non era cosi’.
Abbiamo saputo per la prima volta che per forza avesse un senso tipo “certamente” o “ovviamente”!! ひらめき
E quindi in questo caso la nonna dice che naturalmente non e’ riuscita a trasformasi in una sirena, perche’ non e’ nemmeno sicura che esistano le sirene.

この per forza、私だけでなく生徒の皆さんの大半が「どんなに頑張ってみても(変身できなかった)」といった意味に訳しました。でも違うんですね〜!!
per forza「当然」「〜するのは当たり前」という意味があるって知ってました?!恥ずかしながら私はじめて知りましたよ!ひらめき
なのでこの場合は、おばあちゃんは人魚なんて本当にいるのかしらん、と思っていて、どんななのかも分からないんだから変身できなかったのも当然、といったニュアンスなんですねぇ。
 



Forse i giapponesi che studiano italiano sanno bene l’uso di per forza con un senso come “necessariamente”, “anche se non si vuole”, “non resta che fare”, ecc.

イタリア語を勉強している日本人の方は多分、「必要に迫られてやむを得ず」「不本意にも」といったper forzaの使い方はよく知っていると思うんです。


A: Hai fatto i compiti?
宿題やった?
B: Si’, per forza, se no, mia mamma mi amazzera’!
うん、しょうがなくね、だってやらないとママに殺されちゃうもん

A: Com’e’ andata a finire la tua storia con tua moglie?
で、奥さんとどうなった?
B: Beh, non posso divorziare in questo momento. Ora dobbiamo stare insieme per forza.
ま、今の時点で離婚はできないんだよな。今は一緒にいるしかないんだ(トホホ)



Ma con grande sorporesa, ha un altro significato quasi contrario!

ところが驚いたことに、正反対ともいえる意味が!


A: Ti e’ piaciuto “Benjamin Button”?
「ベンジャミン・バトン」好きだった?
B: Per forza, c’e’ Brad Pitt!
もちろん!ブラピが出てるもん!

A: Andiamo a ballare stasera?
今夜踊りに行く?
B: Si’! Per forza! 
うん!もちろん!(行く行く!わーい!)




Mmmm, praticamente non mi e’ familiare questo modo di usare.
Ma mi chiedo come si distinguono questi due. Dipende dal tono della voce?

うーむ。このやる気満々な方のper forzaはどうもピンと来ないなぁ。forzaは「力」だからper forza「力によって」→「力づくで(やらざるを得ない)」と、どうしても思考がネガティブな方へ向いてしまいます。
渋々やるper forzaと、底抜けに前向きなper forza、どういう風に区別するんだ?もしかして暗く言うか、明るく言うか?


la mia ragazza: Stasera vieni da me a cenare insieme?
彼女:今晩うちで一緒に夕飯食べない?
io: @ Si’! Per forza! (= certamente! もちろん! )
A Si’, per forza... (= non mi va pero’, vabbe’...vengo 乗り気じゃないけど、ま、行くよ)

Pakkun: Non ce la faccio piu’! Mi accendi il condizionatore?
パックン:もうダメ!エアコンつけてくれ。
io: @ Si’! Per forza! (= certo! l’accendo subito! はいよ!すぐつけるよ!)
A Si’, per forza... (= di gia’? vabbe’... l’accendo もうつけんの?ま、いいや、つけるよ)




Qualcuno me lo potrebbe chiarire?

どうなんでしょうか。どなたか教えて〜。



IMGP0583-1.jpg





イタリア人の皆さんのコメントより
posted by Showcian at 21:36| Comment(4) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

Un travaglio creativo 産みの苦しみ

100320-1.jpg

Piscina, piscina! プールだ、プールだ!



Fa caldo!!!! あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗) Aiuto!!!! Anche oggi a Tokyo siamo arrivati a piu' di 35 gradi.
Voglio scappare in Sud Africa!

あっついよー あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)助けてよー。東京は今日も35℃以上いきましたね。夏ってこんなに大変でしたっけ?あぁ、南アフリカ行っちゃいたいなぁ。
(あ、そうそう、前回のモッツァレッラ、「イタリア人の皆さんからのコメントより」またご覧くださいね。)




Scherzi a parte, con questo caldo continuo con perseveranza il mio studio di traduzione.
A volte non riesco a mantenermi la concentrazione e non mi accorgo neanche di rileggere 10 volte la stessa riga, ma per il momento non mi sono arresa ancora. ANZI! Ultimamente ho cominciato a fare un lavoretto come tradutrice! ひらめき Yeahhhh! Ho fatto un debuttino! ぴかぴか(新しい)

ま、それはいいとして、こんな暑い中でもワタクシ翻訳の勉強をシコシコ続けております。
でもこんなに暑いと、時としてボワワ〜っと視点が定まらなくなってきて、あれ?さっきから10回くらい同じ文読んでない?バカバカ!もっと気合入れろ!・・・で、また瞳孔フリーズ・・・の繰り返しですけどぉ、でも何とか頑張ってますよ。
ていうか!最近翻訳のアルバイトめいたことも始めたんです!ひらめきついに翻訳デビュー? ぴかぴか(新しい) わはは、そんなすごいもんじゃないんですが、でももうすぐ書店に並ぶかも?ふふふ。




Traducendo le frasi in italiano al giapponese, ho notato che una delle cose piu' difficili e' che certe volte in una frase ci sono tanti aggettivi, avverbi, gerundi, pronomi relativi che qualificano un nome o un verbo.
In conseguenza, una frase si allunga senza fine ed io cado nella trappola.

イタリア語の文を日本語に訳していて難しいなぁと思うことは、イタリア語の一つの文の中には形容詞、副詞、ジェルンディオ、関係代名詞などが五万と使われていたりして、一つの名詞や動詞を修飾しまくっている、ということです。
こういう文は必然的に恐ろしく長くなるので、そのまま日本語にしていくと何とも変な文が出来上がります。




Non mi viene subito un buon caso, ma per esempio:

えーと、いい例が浮かびませんが、たとえば:



"... Con questo progetto i cittadini avranno pieno accesso alla tutt'altro che sofisticata ma certamente curiosa tecnologia, in modo da poter loro stessi produrre in maniera semplice e poco costosa le immagini aeree della castastrofe."

この度の企画で市民たちは、高性能とは決して言えないが、間違いなく面白いテクノロジーを思う存分体験できるし、単純で費用もかからない方法によって自分たちで大惨事の航空写真を撮ることができる



E' un pezzo di una notizia sulla marea nera degli Stati Uniti.
Il nocciolo di questo brano e': i cittadini avranno pieno accesso alla tecnologia in modo da poter loro stessi produrre le immagini.
"tutt'altro che..." si riferisce alla teconologia, e "in modo da..." spiega come si accede al progetto, ma se lo traduco in giapponese esattamente com'e' scritto qua, si farebbe una frase difficile da capire.
Quindi bisognerebbe dividere in due frasi finendo con "teconologia" e comincia di nuovo da "in modo...".

先日アメリカの海岸で起きた原油汚染についての記事の一部です。
この長い文の骨子は、市民たちは自分で航空写真を撮って、このテクノロジーに参加できる、といったようなことですよね。
その他の部分は、どんなテクノロジー?どんな風に参加できるの?という点を説明しているわけです。
本当は「単純で・・・」以下の部分は、in modo da〜「〜するように」につながって前文に掛かってるので、「単純で費用も・・・写真を撮ることができるように・・・テクノロジーを体験できる」という文なんだけど、これじゃ何言ってるか分からないですよね?


hanasiwo.jpg

Comunque sentiamo cosa vuoi raccontarci



Uhm... non penso di essermi spiegato bene il punto che mi blocca spesso.
Allora vi faccio io una frase piena di parola qualificativa magari un po' troppo esagerata.

うーむ・・・何だかうまく説明できていない気がする。私がしばしばフリーズしてしまうポイントを!!
では無理やり自分で文を作ってみます。修飾句をどっさり入れて。ちょっと大げさなぐらいに!



Mi sono cambiata in fretta per uscire a lavorare riempendomi la bocca di una grossa mela rossissima come tramonto che avevo comprato ieri in un mercato vecchio vicino a casa di Marco di cui ti raccontava spesso quando eravate...

マルコが君によく話していた彼の家のそばにある古いメルカートで昨日買った大きくて夕焼けのように真っ赤なリンゴを頬張りながら仕事に行くために私は大急ぎで着替えた




Come lo trovate?? ふらふら Avete capito piu' o meno cio' che volevo dire?
La frase continua continua continua senza fine! Ma non sto scherzando, mi capita spessissimo la frase simile. たらーっ(汗)

どう?どう?どう?言わんとしていること分かって頂けました? ふらふら
言ってみればこんな風にどんどんどんどんつながっていくわけで、ビックリするくらい長い文に出くわすことが結構・・・しょっちゅう・・・(泣)たらーっ(汗)
しかもこんな単純な話じゃなくて、もっと難しいテーマ&難しい単語だともう机を蹴飛ばしたくなります。
こういう、あなた、結局なにが言いたいわけ的長文は、上手に二つに切ったりしてうまいこと訳していかねばなりませんわね。

・・・

Comunque anche se e' faticoso, mi diverto un sacco a fare la traduzione scoprendo la differenza di composizioni d'italiano e di giapponese, e quando trovo un'espressione giapponese giusitissima a quella italiana, BALLO di gioia! るんるん

いや〜なにかと骨が折れますが、それでも翻訳って楽しいですね。まだ始めたばかりなので実力はまだまだ小学生並みですが、イタリア語と日本語の文章の構造の違いを発見しながら楽しんでやっています。
ピッタリの訳が思い浮かぶと、まず一人ガッツをして、そして踊ります るんるん







posted by Showcian at 18:46| Comment(7) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

Andare controcorrente 時代に逆行

9110715-1.jpg

Dal punto di vista inferiore 下から目線



Alcune settimane fa mentre leggevo un articolo italiano su internet, ho trovato questa frase:

数週間前にネットでイタリア語のある記事を読んでいてこんな文を見つけました。



“・・・ho sprecato l’inchiostro perche’・・・”

・・・インクを無駄にした、なぜなら・・・




Forse ne ho preso nota rapidamente percio’ non mi ricordo su che cosa si raccontava.
Secondo il mio dizionario sprecare l’inchiostro significa scrivere le lettere ad una persona che non ti risponde mai.
Sembra un vecchio modo di dire allora, perche’ oggi tutti ci si comunica tramite i computer!

面白い表現だなと思ってこれだけささっとメモを取ったもんで、なんについての記事だったか覚えてません。
インクを無駄にすることのどこが面白いんだ?
いやいや、これがですね、ちっとも返事をくれない人に手紙を書いて、あ〜あ、バカみたい!という意味なんですよ。
インク返せ、このやろこのやろ!
みんなパソコンでやり取りするサッコン、これはペン先にインクをつけて書いていた遠い昔の表現の名残りかもしれませんね。




Ma questa locuzione la trovo simpatico perche’ e’ molto facile da capire.
Quando non esisteva ancora e-mail, oltre alla telefonata ci si scambiavano le lettere e si aspettava con pazienza finche’ arrivasse la risposta.
Quando non ci si faceva vivo, ci si sentiva ansioso e impaziente, ma invece si era molto felice quando si trovava una busta nella cassetta per le lettere, e la si apriva in fretta tutto contento.るんるん
Un bel ricordo dello Slow Life che abbiamo perso nella vita attuale.

でもこの言い回し、中々いいと思うな〜。せこいけど分かりやすいもん。
メールがまだなかった頃は、電話以外の通信手段は手紙でしたよね。返事が来るまでじっと待つしかなかった。
いつまでたっても何も書いてこないと心配になったり、なんで返事よこさないんだ!キーッなんてイライラしたものです。
でもある日ポストに手紙が届くと何だかとっても嬉しくなって急いで開けたりもしましたよね るんるん
今やもう無くなってしまったそんなスローライフの想い出です。




A dire il vero pero’ ho una amica tedesca con cui scambio lettere da 20 anni! メール
Ci siamo conosciute nel 1989 ad una scuola per stranieri di Firenze e da allora ci scriviamo in ITALIANO senza sprecare nemmeno una goccia d'inchiostro わーい(嬉しい顔)
Non e’ che non siamo capace di usare il computer, a noi piace questo antico mezzo di corrispondenza!
Scrivi a mano, la metti in una busta, incolli, applichi i fancobolli scegliendo quelli piu’ belli ed impostare...
Non si sa quando ci arriva, ma non c’importa. Ci godiamo questo tempo corrente lentamente tra la Germania ed il Giappone.

でも実を言うと、私は20年間手紙のやり取りをしているドイツ人の友人がいるんです メール
1989年にフィレンツェの語学学校で知り合った子なんですけど、それ以来ずーーーっと一滴もインクを無駄にすることなくわーい(嬉しい顔)お互いイタリア語で文通しています。文通ですよ、ぶ・ん・つ・う。カピカピに干からびた死語ですが、でもね、これがまたいいんですって!
手書き、封筒に入れて、糊付けして、なるべく綺麗な切手を貼って、投函・・・
e-mailに真っ向から勝負を挑むこのド級アナログ系通信手段を私たちはこよなく愛しているわけです。
いつ届くかなんていいの。ドイツと日本の間でのんびりのんびり行き来するお互いの手紙を想像すると、そういうのもいいな、なんて思うのです。


IMGP0409.JPG


i francobolli esteri ci danno la sensazione del viaggio

外国の切手は旅情をそそります






posted by Showcian at 23:24| Comment(2) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

Dipende da dove crescono どこに生えるかに依る

09103122.DSC04272-1.jpg

Quando avevo 3 mesi 生後3カ月のころ



E' una domanda inaspettata ma voi avete la barba? Oppure vi piace un uomo con la barba?

突然ですが、アゴ髭は生えてますか?というかアゴ髭好きですか?




L'altro giorno ho avuto occasione di consultare il dizionario sul BAFFO e mi sono lasciata leggere gli esempi di frase con il baffo.

先日、口髭であるところの BAFFO という単語を辞書で調べることがあって、そのまま baffo を使った例文をぼんやり見ていたんですけどね。



かわいい E' un medico coi baffi.
彼は口髭の生えた医者だ→優秀な医者だ

かわいい E' una bistecca da leccarsi i baffi.
口髭をなめるくらい美味しいステーキだ

かわいい Ha riso sotto i baffi.
口髭の下で笑う→忍び笑いをする



Tutti mi hanno convinto che un baffo ha proprio quest'immagine!
Vedo che una persona con un baffo viene considerata colta.
E' anche simpatico che ci si leccano i baffi quando si mangia qualcosa di buono.

なるほどね〜。面白いな〜。
口髭は優秀な人の代名詞なのか。美味しいもの食べて唇ペロペロしてると確かに口髭までなめちゃうし。日本語ではさしずめ皿までなめちゃう?
口髭があるとクスッと笑ってもばれない、という表現も中々いいじゃないですか。ちょび髭じゃバレバレだけどね。


f623c697f396430dffb55e83b54401d1.jpg



Poi mi sono incuriosita anche per la BARBA e ne ho approfittato per vedere come saranno gli esempi.

口髭がこうならアゴ髭はどうよ、と思うのが人間ってものです。
というわけでアゴ髭であるところの BARBA も見てみましたよ。



かわいい Che barba!
なんてアゴ髭!→なんてつまんない!

かわいい Avere la barba di qualcuno
〜のアゴ髭を生やす→〜にうんざりする


かわいい Fare la barba e il contropelo a qualcuno
〜のアゴ髭剃り&逆剃りをする→〜を散々こきおろす


かわいい Fare crescere la barba
アゴ髭を生やさせられる→うんざりさせられる

かわいい Farla in barba a qualcuno
〜をうまくだます(元々の意味分からず)


かわいい Non parlare nella barba
アゴ髭の中では話さない→ずけずけ物を言う

かわいい Servire qualcuno di barba e capelli
〜にアゴ髭と髪を出す(は?)→〜をひどい目に遭わせる




Ma guarda! Se si tratta della barba, come mai hanno un senso tutto negativo?? がく〜(落胆した顔)
La barba se stessa ha per caso una brutta sfumatura perche' fa creare sul viso qualcosa di sospettoso e dubbioso?

えええ!口髭と違って何だかひどくないですか? がく〜(落胆した顔) 髭によってなんでこんなに扱いが違うのだ?
もしかしてアゴ髭自体に悪い意味でもあるのだろうか。ボーボー生えてると何だか怪しいから?うさんくさいイメージ?


KA0090--4035A.jpg



Ma non m'importa!
Io sono personalmente favorevole ad un uomo con la barba perche' e' cool e sexy, no?
Ma principalmente anche perche' ce l'ha il mio mitico Al Pacino! 黒ハート

いいわよ、何とでもお言いなさい!
私は個人的にアゴ髭派。クールでセクシーだと思いませんか?ブラピもジョニデもイチローも生えてるし。
でも何と言ってもワタクシのパチーノ様、ユーアーナンバーワン!!
黒ハート



posted by Showcian at 15:51| Comment(18) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。