2010年04月26日

Non e' una pigrizia, anzi! 手抜きどころか!

004-1.jpg

Un momento tranquillo 平和なひととき


Magari e' un romanzo gia' conosciutissimo tra gli appassionati di lettura, ma io l'ho avuto in mano solo qualche settimana fa.
Il libro ha fatto successo in Giappone, ma oltre a questo fatto, la traduzione in italiano ha reso famosissimo il nome di un'autrice giapponese.


"KITCHEN" di Banana Yoshimoto (1988)
traduzione di Giorgio Amitrano (1991)



L'altro giorno su un libro di Alessandro Gerevini, professore associato dell'universita' Waseda e traduttore ben noto di libri di Banana, ho letto che la traduzione di esso in italiano gli ha dato un'opportunita' per diventare un traduttore e che ormai lui e Banana sono amici intimi.


Dopo alcuni giorni sono andata ad una fiera di libri concernenti tutta l'Italia che si e' svolta a Tokyo, e tra i pochissimi libri pubblicati in Italia ho trovato per caso la traduzione di "KITCHEN"! ひらめきひらめき
Un inconro del destino!


L'ho comprato e mi sono messa subito a leggerlo.
Ho scoperto che era tradotto con l'italiano abbastanza semplice e mi e' venuta in mente un'altra cosa:


Perche' non leggo prima il libro originale in giapponese poi la traduzione in italiano?



Come ho previsto, il sapere in anticipo la storia in giapponese mi ha aiutato molto a leggerla in italiano. Ho sentito che mi si sono infiltrate le parole, anche quelle sconosciute, perche' sono riuscita ad immaginare il significato ricordando l'originale! Oooh, che meraviglia! ぴかぴか(新しい)
E di conseguenza, si sono anche arricchiti i nuovi vocaboli!


Sarebbe importante per lo studio provare a leggere qualcosa di difficile in italiano, ho scoperto pero' e' anche moolto utile il modo che avevo fatto io. 手(チョキ)

001-1.jpg

005-1.jpg


読書愛好家の皆さんはもうとーっくに知ってる小説だと思うんですが、私はごくごく最近手にしました。
日本でも人気が出ましたが、それ以上にイタリア語に翻訳されて大ヒット!その作家の名前をイタリアに広く知らしめたのでした。


『キッチン』よしもとばなな著(1988)、ジョルジョ・アミトラーノ訳(1991)


先日、早稲田大学准教授で、ばななサンの翻訳本で有名なアレッサンドロ・ジェレヴィーニ氏のとある本を読んでいたら、この『キッチン』について書いてあって、それが彼が翻訳者になるきっかけとなり、今やお二人は大の仲良し、とありました。


で、数日後。
イタリア関連の本あれもこれも勢ぞろ〜い!のブックフェアが東京で開催されまして、それにちょろっと行ってきました。
ほとんどが日本で出版されたテキスト、料理本、ガイド、美術関連で、イタリアからやってきた本コーナーなんて、ほんのちょびーっとしか無かったんでいささかガクーリだったんです。
が!
見つけちゃいましたよ、『キッチン』翻訳本! ひらめきひらめきすごい偶然。
タイミングがタイミングだけに、これって運命?


もちろん購入、さっそく読み始めました。
へぇ〜、意外にシンプルな文体&言葉で読みやすいかも。うふふ。
でも待てよ。


まずは日本語の原作を読んでからイタリア語訳を読むというのはどうだ?


や・は・し。思った通りでしたよ〜!
日本語でストーリーが分かっていると、イタリア語で読んでも分かりやすいったらありゃしない。
高野豆腐に出汁がジュワワと滲みるように、脳にどんどん入っていくわけですよ ぴかぴか(新しい)なんせどんな話か知っているから!
知らない単語に出くわしても、あら不思議。前後関係で理解できちゃって、語彙も増える
とくりゃ、もうこんなオイシー話はないってもんです。


難しい文章に挑戦するのも勉強の上で大切だと思うんですが、日本語で下地を作った上でそれをイタリア語でトレースする、というこの方法も中々いいかもしれませんよ 手(チョキ)







posted by Showcian at 18:34| Comment(6) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

Quanti colori avra'? 何色あるのかな?

003 (2)-1.jpg

Ora si puo' guardare la TV con il cellulare?! ケータイでTV見れんの?!



A scuola ho letto un articolo su un tenente italiano che si chiama Amedeo Guillet.
E' un personaggio veramente eccezionale che negli anni '40 dedico' alla guerra contro le truppe inglesi nell'Africa orientale.


Leggendo il testo, mi sono imbattuta in un'espressione interessante:


Un uomo CAMALEONTICO


Praticamente lui aveva mille volti dall'ufficiale al guerrigliero e si cambiava gli aspetti secondo ogni circostanza.
Per conquistare la fiducia degli indigeni con cui doveva affrontare i nemici, studio' l'arabo ed era in grado di parlarlo come la sua seconda lingua. Grande!! ぴかぴか(新しい)
Come io ritengo sempre, per imparare una lingua e' importante avere un certo obiettivo, un forte motivo ti spinge sempre avanti! パンチ


A proposito, CAMALEONTICO...


Anche in giapponese lo si usa con lo stesso significato:


かわいい カメレオンのように表情を変える謎多き男
cameleon no yooni hyoojoo o kaeru nazoooki otoko
(un uomo misterioso che cambia espressioni come un camaleonte)

かわいい 変幻自在に“男”を演じ分けるカメレオン俳優
hengenjizai ni "otoko" o enjiwakeru cameleon haiyuu
(un attore camaleontico che cambia ad arbitrio la sua recitazione del "l'uomo")

(att: in giapponese CAMELEON ma non CAMALEON わーい(嬉しい顔))

Ma il camaleonte si puo' veramente cambiare il proprio colore adeguanadosi a dove sta in quel momento?? がく〜(落胆した顔)
Ugh! A me non piace. たらーっ(汗)

a325ba3397b61b5e1669b17f141581d9_500.jpg


学校でこの前、アマデオ・ギリエという名のイタリア人中尉についての記事を読みました。
見たことも聞いたこともありませんでしたが、1940年代に東アフリカでイギリス部隊との戦いに身を捧げた、何だかとんでもなくスゴイ人のようです。


その記事を読んでいて面白い表現に出会いました。


Un uomo CAMALEONTICO カメレオンのような男


実際彼はいくつもの顔をもつ男で、将校から馬の飼育係、ゲリラまで、ありとあらゆる情況に合わせて変身できる人だったそうです。
敵と戦うには、一緒に立ち向かってくれる先住民の心をつかまんといかん!言葉が通じなくてどないすんねん!とアラビア語を猛勉強し、そのうち第二母国語のように話せるようになったらしいです。スゴーッ! ぴかぴか(新しい)
やはり、常日頃ワタクシも思っていますが、言葉を習得するには強い目的意識が大事なんだなぁ。そうなんだなぁ。


ところで、CAMALEONTICO(カメレオンのような)・・・


日本語でも同じような使い方をしますよね。


かわいい カメレオンのように表情を変える謎多き男

かわいい 変幻自在に“男”を演じ分けるカメレオン俳優


(注:イタリア語ではCAMALEONTEで、CAMELEONではないですよ わーい(嬉しい顔))


カメレオンって本当に自分がいる場所に合わせて体の色を変えるの? がく〜(落胆した顔)
ううう、気持ち悪いなあ たらーっ(汗)




posted by Showcian at 11:40| Comment(2) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

E' impareggiabile! あんたの勝ち!

031-1.jpg

Ci dovrebbe essere qualche ragione... なにか理由があるに違いない...



Oggi scrivo su Silvio Berlusconi preparandomi a stimolare la sensazione dei lettori italiani come lo e’stato l’ultimo giorno.
Forse e’ un fatto ben noto a tutti gli italiani, magari anche a certo numero dei giapponesi, ma io non sapevo la maggior parte.


Recentemente a scuola d’italiano abbiamo letto degli articoli sull’aggressione che aveva colpito il Primo Ministro, ed in occasione di questo argomento la mia insegnante mi ha parlato della sua gran carriera.
Ne sapevo alcuna, che mi stupisce gia’ abbastanza, ma era soltanto agli inizi!
Provo ad elencarla per i giapponesi che non sono presenti come me.


Quando era giovane: fa cantante e scrive il testo di canzone がく〜(落胆した顔)

1961: parte con attivita’ nel settore dell’edilizia e costruisce Milano2, Milano3 e Brugherio

1962: apre il primo centro commerciale in Italia “Girasole

1977: acquisce la societa’ del quotidiano “Il Giornale

1978: apre il canale televisivo “Telemilano”(dopo cambia a "Canale5") e diventa il proprietario di “Fininvest

1986: diventa proprietario di Milan

1988: prende possesso di presidente di “Standa

1991: acquisce la casa editrice “Mondadori

1994: fonda il partito “Forza Italia” poi viene eletto il Primo Ministro

1996: apre “Mediaset” e controlla il 70% del campo televisivo

2001: viene rieletto il Primo Ministro

2008: viene rieletto il Primo Ministro



Che forte!!!! ひらめきひらめき
Sembra che abbia realizzato tutti i sogni della vita!
La poeta che scrive le canzoni, il proprietario di tante compagnie gigantissime, il re di mass-media, il leader del Partito della Liberta’, il Premier...ぴかぴか(新しい)
Mi domando se ci sia nel mondo un capo di un paese come lui.


Sentendo il polverone che crea ogni tanto, io non potrei giudicare se fosse una persona giusta per affidare il futuro dell’Italia, ma nonostante cio' il fatto che continua ad essere sostenuto dalla gente spiega che e’ comunque un gran imprenditore carismatico ed e’ molto bravo a scegliere i personaggi giusti per governare.


A proposito, ho notato anche che ci sono tanti nomi diversi che riferiscono tutti a Berlusconi.


・Berlusconi
・il Primo Ministro
・il Premier
・il Presidente del Consiglio
・Cavaliere



Qualcuno mi puo’ spiegare perche’ “Cavaliere”? Perche’ e’ stato consegnato nel passato?
O magari fa sempre compagnia alle donne??

berlusconi_wideweb__470x299,0.jpg


今回はシルビオ・ベルルスコーニ首相についてなんですが、またもやこの前みたいにイタリア人の皆さんのベルベル批判・擁護の熱い感情を刺激してしまうだろうなぁ。
ちょっと怖いなぁ たらーっ(汗)
イタリア人は老若男女問わず、日本人よりずーっと政治に対して熱いし真剣。ほんのちょっとピッと押しただけで、どばーっと論争が展開してしまうから、「あ、もうその辺でいいですよぉあせあせ(飛び散る汗)」って・・・


恐らくイタリア人なら誰しも、日本人だって知っている人たくさんいるかもしれません。
昨年ベルルスコーニが暴行を受けた記事を先日学校で読んでまして、彼がどういう経歴の持ち主か、という話題になって先生が色々教えてくれたんです。それがすごいんですよぉ。既に知ってたものもあるけど、これほどとは!


若かりし頃:歌手及び作詞家だった がく〜(落胆した顔)

1961:建設業から出発し、ミラノ郊外のMilano2, Milano3, Brugherio地区を建設(東京渋谷区、新宿区が自分のもの、みたいな感じ!)

1962:イタリア初の大型総合施設“Girasole”を建設

1977:“Il Giornale”を発行する大手新聞社を取得

1978:TV民営放送局“Telemilano”を開局(のちのCanale5)、金融保険会社
Fininvest”創設

1986:サッカーチームMilanを取得

1988:スーパー“Standa”の会長に就任

1991:イタリア最大手の出版社“Mondadori” を取得

1994:政党“Forza Italia”を結成して首相に就任

1996:自社の3大民放を統合して“Mediaset”を立ち上げ、TVメディア界の70%を掌握

2001:首相に再選

2008:首相に再再選



ひゃあ〜っ!どんだけよ、おやじさん!ひらめきひらめき
歌詞を書く詩人であり、多くの巨大企業のオーナーであり、マスメディアの帝王であり、自由党の党首であり、首相であり…ぴかぴか(新しい)
未成年にちょっかい出したり、娼婦を豪邸に呼んじゃったり、失言しまくったり、オイ、それでいいのか パンチ、というダメおやじでもあるけれど、まぁそれはちょっと置いとくとして、こんな一国のリーダーが他にいるでしょうか。


行方をくらまして増毛やプチ整形にエネルギーを注ぐ彼が、果たしてイタリアの将来を託す首相として適しているのかは私にはよく分かりませんが、何かやらかしてもこうして支持され、首相に選ばれ続けるのにはきっと訳があるんでしょうね。
先を見越す眼や、カリスマ的企業家としての才能や、政府内の優秀な人材を選びぬく鋭さなど、キラリと光る類まれな能力がきっとあるのでしょう(そうじゃなかったらねぇ〜・・・)


それはそうと、イタリア語で「(ベルルスコーニ)首相」を意味する言葉はたくさんあるんですね〜。


・Berlusconi
・il Primo Ministro
・il Premier
・il Presidente del Consiglio
・Cavaliere



これみーんなベルベルのこと。
Cavaliereって騎士とか騎士勲章のことだけど、なんでこう呼ぶんでしょうかね。授与されたことがあるのかな。調べてもちょっと分からなくて。
あ、「婦人に付き添う男性、ナイト役」という意味もあるからそれでか?! パンチ



posted by Showcian at 13:19| Comment(12) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

Un rischio nascosto nel giapponese 日本語に潜む危険

002-1.jpg

Mi sto stagionando ボクも熟成中


Come abbiamo discusso nel post dell'altro giorno, ognuno ha fatica nell'imparare una lingua, ma ognuno cerca anche un proprio mezzo per procedere lo studio.


Io penso che si possa migliorare molto la lingua nell'ascoltare ed imitare quello che si parlano tra i madrelingua.
Dalle conversazioni dal vivo si puo' imparare molte parole ed espressioni appropriate per il discorso che si ha sentito.
Per questo motivo, piu' che fare quattro chiacchiere con un italiano in due, mi piace stare in tre, io e due italiani/e 手(チョキ)


Riguardo al giapponese pero', c'e' un problemino ドコモ提供.


Come ho scritto l'altra volta, nella nostra lingua esiste la distinzione del linguaggio maschile e femminile non soltanto delle parolacce ma anche del suffisso.


Per esempio, se si tratta di questa frase


"Ieri sono andato/a alla festa e con mia sorporesa ho incontrato la mia/il mio ex!"


mio marito lo direbbe cosi':


"昨日パーティに行ったら、元彼女に会ったんだよ。びっくり@したよ!Aしたぜ!
(A=non si usa molto) "
kinoo partyni ittara, motokanojo ni attandayo. bikkuri@shitayo!Ashitaze!


Io invece lo direi cosi':


"昨日パーティに行ったら、元彼にあったのよ。びっくりしちゃった!"
kinoo partyni ittarane, motokare ni attanoyo. bikkuri shichatta !


Se un italiano mi sentisse dire e provasse ad usare questa "〜ね、〜のよ、〜しちゃった", sembrerebbe molto femminesco e magari tutti lo considerebbero come
un finocchio あせあせ(飛び散る汗)
rischioso, rischioso...


Ma questo ti succederebbe se sei a Tokyo. Non so bene come sara' in altre province che hanno anche i loro dialetti diversi.

TD6UI16F.png
Mi chiamo KABAcian ハートたち(複数ハート)


先日の語学学習に関しての皆さんの意見を読んで、みんな苦労してるんだなぁということが分かったと同時に、それぞれが独自に工夫して頑張っているのだな、ということも分かり、勉強になりました。


個人的な意見なんですが、ネイティブ同士が話しているのを聞いて、それを真似して使ってみる、というのもかなりの効果が期待できると思うんです。
生きた会話を聞きながら、「おっ、そーゆー時はその単語か!ひらめき」「むむっ、そんな言い回しがあったのか!ひらめき」とそれはもう興奮の連続。メモとる暇なんかありゃしませんぜ。
なので、1対1でお喋りするのもいいけれど、私+2人のイタリア人という図が自分にとっては理想的。


しかーし。
日本語に限っていいますと、そこにはちょっとした問題が。ドコモ提供


前回書いたように、日本語には男言葉、女言葉が基本的にありますね。「このやろう」ばかりでなく、
語尾がね、違ったりしますね。


たとえば、この文章。


「昨日パーティに行ったら、驚いたことに元カノ/元カレに会った」


これをうちの夫が言ったとすると、


「昨日パーティに行ったら、元カノに会ったんだよ。びっくり@したよ!Aしたぜ!
(Aはテレビのみ?わーい(嬉しい顔) 


でも私ならこう言うかも。


「昨日パーティに行ったら、元彼に会ったのよ(「会ったんだ」も有り)。びっくりしちゃった!」


もし男のイタリア人が、この「〜ね、〜のよ、〜しちゃった」を聞いて、そのまま真似して「私ね〜黒ハート」って使っちゃったら、それはもうKABAちゃんかトオルくんってことです。アッテンツィオーネでございます。


あ、でもこれって東京だったら、の話です。他県の男女言葉はどういう風になっているのかな。



posted by Showcian at 15:56| Comment(8) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

Beh, sarebbe un sogno di tutti quanti そりゃみんなの夢だろうけど

024.JPG

Vuotiamoci la testa! 頭をカラッポにしよう!


A volte sento i giapponesi appena cominciati lo studio dire:


"Io voglio diventare bravo nel parlare italiano. Potresti dirmi come lo posso fare?"


Io lo trovo sempre una domanda molto astratta がく〜(落胆した顔). Se ci fosse tale strada semplice, la vorrei sapere anch'io!
Per imparare una lingua straniera ci vuole purtroppo un certo sforzo ed una certa costanza soprattutto se sei fuori da quel paese.


Se invece avessi un'occasione di viverci, sarebbe totalmente un'altra cosa!
Qui c'e' un'intervista del 2001 al nostro nostalgico Hide Nakata presentata da Girolamo Panzetti わーい(嬉しい顔).
In quel momento Hide stava a Roma da 2 anni e mezzo.
Spiega come ha imparato italiano.



Come ne pensate?
A me sembra che parli in modo molto italiano con un gesto ed un cenno italianizzati, e si vede che abbia imparato la lingua non con i "libri" ma immergendosi ed esercitandosi nelle comunicazioni vivi con i suoi compagni.


Dice infatti non ha mai studiato italiano a scuola e ha ancora tante parole che non sa il vero significato, ma le usa quando parla apprendendole per istinto il modo di usare imparato dall'esperienza.


Sarebbe un buon esempio per vedere il frutto di VIVERE in quel paese ぴかぴか(新しい).
Magari e' un'eccezione il caso di Hide, ma si potrebbe imparare da lui che e' importante COMUNICARE invece di gonfiarsi troppo la testa con la grammatica e la teoria (come me たらーっ(汗)).

************************************


イタリア語を習い初めてすぐの人がこんな風に言うのを時々聞きます。


「とにかくイタリア語話せるようになりたいんですよねー。どうしたらいいですか?」


ううう。あまりにも漠然とした質問 がく〜(落胆した顔)
そんな簡単な方法があるなら私にも教えてくださーい。
外国語を勉強するというのは、残念ながらある程度の努力や根気が必要なわけだ。ましてやその国に住んでないならなおさら。そして歳とってくるともっと道は険しくなるぞ。くっ…


でも、その国に住めるのなら話は別ですね〜。
ここに懐かしの中田英寿へのインタビューがあります。2001年のもので、インタビュアーはまたもやジローラモです わーい(嬉しい顔)
申し訳ないですが上に戻ってご覧ください。
ローマに2年半いる時点のものみたいで、ヒデがどんなふうにイタリア語を習得していったかを語っています。


どうですか?
そぶりが何だかとてもイタリア人っぽいですよね〜。首の振り方、顎のしゃくり方、ものの言い方もあっちっぽい?
「本」で覚えたのではなく、否が応でもどっぷりイタリア語に浸かって、仲間との生きた会話の中で鍛えられた会話力!という感じがするんですがどうでしょう。


その国で「生活する」ことで得られる言語習得の成果を見るいい例ですよね。
ヒデは例外かもしれないけど、とにかくコミュニケーションって大事。(私のように)文法や理屈で頭でっかちになるのはほどほどにってことですね〜わはは〜 たらーっ(汗)





posted by Showcian at 19:23| Comment(10) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。