2010年01月22日

Se io avessi un cervello di 3 anni...3歳の脳だったら...

09121222.DSC04617-1.jpg

zzz...


Il commento lasciato da un caro visitatore il signor V mi ha dato l'ispirazione di scrivere su 加藤ローサ (Rosa Kato): modella, personaggio televisivo ed attrice abbastanza popolare in Giappone.

A0001185-00.jpg

2007-06-22-24.jpg

blog_20080830_4.bmp

Carinissima, no? ハートたち(複数ハート)

Sua madre e' giapponese e padre napoletano.
Il suo nome Rosa e' "ローサ (Rosa)" ma non con il suono sonoro "ローザ (Roza)" adeguandosi alla pronuncia meriodionale.


E' nata a Kagoshima poi ha vissuto a Napoli finche' aveva 5 anni per cui parlava bene italiano. Dopo si e' trasferita in Giappone ed ora dice che non si ricorda piu' nemmeno una parola d'italiano.


Sapendo questo suo profilo, provo una grande simpatia per lei perche' ho la stessa esperienza.


Sono nata a Tokyo e quando avevo 3 anni sono andata a Vienna per lavoro di mio padre ed ho vissuto li' per 3 anni.
In asilo, secondo mia madre, all'inizio piangevo sempre come una pazza per l'ansia di essere messa nel mezzo di bambini austriaci あせあせ(飛び散る汗).
Immaginatevi come sono rimasta! Una bambinella giapponse piccola piccola circondata dai viennesi tutti alti con gli occhi azzurrissimi! がく〜(落胆した顔)


Pian piano pero' avevo cominciato ad imparare il tedesco e dopo non molto sono diventata tanto brava da essere creduta una madrelingua austriaca わーい(嬉しい顔).
Parlavo, sognavo e litigavo con mia sorella in tedesco perfetto addirittura con un accento viennese ぴかぴか(新しい).


Ma sapete cosa?
Tornata in Giappone, mi e' sparito tutto, totalmente tutto in ALCUNI mesi!! Come se mi fossi destata dall'incantesimo!


Il cervello di bambini e' fatto cosi'.
Ha un funzionamento elastico, misterioso e meraviglioso che purtroppo non potrebbero mai riavere gli adulti.


Rosa Kato, pur non sapendo parlare una parola d'italiano, qualche anno fa e' stata nominata un personaggio di un programma di corso d'italiano in televisione; l'unica trasmissione della lingua italiana in Giappone.
Forse solo per una ragione perche' e' meta' italiana.
Ne scrivero' la prossima volta 手(チョキ)

************************


ブログに来てくれるV氏の このコメントを読んで、加藤ローサについて書きたくなりました。
モデル、タレント、女優でなかなか人気ありますよね。


上の写真をご覧ください。かっわい〜じゃありませんか! ハートたち(複数ハート)


お母さんが日本人、お父さんはナポリ人。名前は「Rosa ロー」ではなく「ロー」だそうで、南イタリアでは「s」を濁らずに発音するからということで、ご両親のこだわりが見えます。


鹿児島生まれらしいですが、5歳までナポリに住んでいたので当時はイタリア語ペラペラだったみたい。でもその後日本に帰国したため、今じゃ一言も覚えてないんですって。


このプロフィールを知って何だか親近感湧いちゃいましたよ。
私もね、同じようなこと経験したんです。


私、生まれは東京なんですが、父の仕事で3歳の時にウィーンに3年間住んでたんです。
母曰く、幼稚園ではそれこそ狂ったように泣きわめいてたらしいんですよ。毎日毎日ね。覚えてないんですけどぉ。
だって想像してみてくださいな。
小さな小さな日本の女の子ちゃんが、ある日いきなり青い眼のでっかいオーストリア人の子供たちの中に放り込まれたわけですよ。そりゃもうE.T.に出会ったドリュー・バリモアと同じくらいのインパクトですよ がく〜(落胆した顔)


それでも少しずつドイツ語を習得していって、あまり経たずにネイティブ・オーストリアンかと思われるほどに成長したわけですね。
完璧なドイツ語で話し、ドイツ語で夢を見、ドイツ語で姉と喧嘩する私。しかもちょっとウィーンなまりで ぴかぴか(新しい)


しかーーーし。


帰国後、わずか数カ月で全部、みごとにぜ〜んぶ忘れちゃいましたとさ ドコモポイント
魔法から解けたシンデレラですよ。


子供の脳ってすごいですね。柔軟で、不思議で、計り知れない知力。
大人になっちゃったら二度と取り戻せない才能です。


加藤ローサは一言もイタリア語が分からないにもかかわらず、数年前にNHKイタリア語講座に起用されていましたね。半分イタリア人だから、という理由でか??
これについてはまた次回書きますね。



posted by Showcian at 18:04| Comment(12) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

La predizione si e' avverata 予言的中

09121623.DSC04656-1.jpg

Io amo la pace 平和が一番


Avete mai fatto cadere una lattina di birra sul pavimento?


Proprio ieri mentre ne stavo mettendo alcune nel frigo, una mi e’ scivolata di mano ed e’ caduta sul pavimento di cucina.
Disgraziatamente e' caduta urtando contro lo spigolo del tavolo.


Dopo un secondo c’e’ stato un disastro. 爆弾


La birra e’ cominciata a sgorgare dal buco, dal buchino di 2mm, come un tubo dell’acqua scoppiato o l’eruzione del Vesuvio!
Lo spruzzo e’ arrivato ben 1m d’altezza da mi serviva un tergicristallo per gli occhiali.


Ho chiuso a rotta di collo il buchino con un dito e ho messo subito la lattina in una ciotola con il buchino verso giu’.
La birra continuava a riversarsi spietatamente fino all'ultima goccia...poi l’ho bevuta tutta!


Sapete cosa?
Far cadere un contenitore di plastica di TOFU e’ ancora pericoloso.
Rovinerebbe molto facilmente ed il TOFU molle molle si spargerebbe totalmente anche 3m dalla cucina.
Provate a fare che e’ interessante! わーい(嬉しい顔)


Secondo una mia amica che un giorno aveva litigato con suo marito, l’uovo e’ anche disastroso.


Uscito per il lavoro suo marito, lei ne ha scagliato uno cha aveva in mano contro il pavimento con tutta l’ira.
E’ facile da immaginare com’e’ andato a finire, no?
Si e’ rotto in mille pezzi ed il rosso e bianco appiccicosi si sono sparsi fino alla prossima stanza...がく〜(落胆した顔)
L’ha pulito piangendo con un sentimento miserabile. たらーっ(汗)



Oggi ho scritto una cosa che non c’entra niente con la “lingua”, ve lo volevo solo raccontare perche’ e’ stata un’esperienza “fantastica” dell’anno nuovo.
Vi ricordate? La mia parola chiave di 2010 e’“SCOPPIARE むかっ(怒り)”!

img10143119920.jpg

木綿豆~1.JPG

tamago400.jpg
3 fratelli pericolosi

************************


皆さん、ビールの缶を床に落としたことってありますか?
ありますよね?ねね?あると言って!


それはまさに昨日の出来事。
冷蔵庫に缶ビールを入れていたら、一缶が手からつるっと滑って台所の床に落下。
それがですよ、こともあろうにテーブルの角にガツンッとぶつかって落ちやがったんです。


約1秒後、それはもうお正月気分なんてブっ飛んじゃうぐらいの事態が!! 爆弾


缶にあいた穴、2mmほどのちっちゃい穴からビールがシュパパパーッと猛烈な勢いで噴出したわけですよ。
それは破裂した水道管か、ベスビオ噴火の光景。
しぶきは高さ1mほどにも噴き上がり、メガネに超高速ワイパーが欲しかったぐらいです。


私は慌てふためいてその穴を指で塞ぎ、急いで缶を器に入れました。もちろん穴を下向きに。
ビールは容赦なく最後の一滴までじょぼじょぼと流れ出て…
もったいないから飲んじゃいました!イヒッ


知ってます?
豆腐のプラスチックケース、あれも危険なんですよ〜。
落としちゃうと案外簡単に壊れて、プヨプヨのお豆腐はぐっちゃー!と3m先まで飛び散りますよ〜。お試しあれ。わーい(嬉しい顔)


ご主人とある日喧嘩した友人が言うには、卵もたいそう悲惨だそうです。


ご主人が仕事に出たあと、彼女は怒りに任せて手に持っていた卵をバーンッと床に叩きつけたんですって。
どうなったかはお察しのとおり。
殻は木端微塵に割れ、ねばねばの黄身と白身は隣の部屋まで飛び散りまくったそうです がく〜(落胆した顔)
泣きながらそれを掃除する彼女。かーなーり情けない光景です たらーっ(汗)



今日は「言葉」には何の関係もない話でした。だってこのスバラシイ体験を皆さんに話したかったんだもん。
覚えてます?私の2010年のキーワードは「SCOPPIARE むかっ(怒り) 爆発」だったでしょ?






posted by Showcian at 16:08| Comment(8) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

Una guida da non perdere お薦めガイドブック

Vi presento una bellissima guida fotografica su Fukuoka scritta in italiano dall'autore Gianluca Zanin: "FUKUOKA da non perdere"

La sua moglie cara Ciliege, una frequentatrice del mio blog, e' giapponese di Fukuoka, per cui sono stati parecchie volte in Giappone e lui rappresenta la sua passione verso il paese nativo di sua moglie attraverso le tantissime belle foto.

I particolari li potete vedere dal sito del link della parte destra. Andate a vederlo!

かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい


皆さんに素敵な福岡の写真ガイドブックのお知らせです。
ジャンルーカ・ザニン氏によってイタリア語で書かれたFUKUOKA da non perdere」。

彼の奥さんはこのブログにもよく来てくれる福岡出身のCiliegeちゃんで、二人は何度も一緒に日本に来ているんです。そんな彼が奥さんの故郷への想いをたくさんの美しい写真を通して描いています。

詳細は右側リンク集のサイトからどうぞ!



posted by Showcian at 22:30| Comment(2) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

Un calvo ed un'ubriaca ハゲおやじと酔っ払い女

09110910-1.JPG

La tecnica di peso 35g 体重35gの妙技



Il 7 era il mio ぴかぴか(新しい) compleanno ぴかぴか(新しい) e con mio marito siamo andati a cenare in un ristorante italiano vicino a casa nostra.
Il capocuoco e' un giapponese ma e' un ristorante famosissimo a Tokyo, o magari in tutto il Giappone.


Siccome e' di alto livello, ovvero costoso たらーっ(汗), noi dicevamo sempre "Dai, un'altra volta." e non c'eravamo mai stati.
Ma l'altro ieri ci siamo permessi il lusso di cenare li' perche' era il mio ○○ anniversario るんるんるんるん


L'ambiente, il servizio ed ovviamente tutti i piatti non hanno tradito le nostre attese. E' stato tutto perfetto!
Solo che... ma questo e' stato il problema piu' grave... ha creato un disastro una coppia che stava mangiando accanto al nostro tavolo.


Un signore di mezza eta', mezzo pelato, un pancione che sembrava un tipico direttore ricco di un'impresa.
La donna invece sulla trentina, vistosa, bella in apparenza che
sembrava un'amante del signore.


Lei gli continuava a vantare l'ottimo servizio ed il gusto del ristorante (forse e' stata lei che l'aveva prenotato), ed ogni volta che un cameriere gli serve qualcosa con tanto rispetto, dice al signore pelato "Vedi? Vedi?" come se fosse il suo merito.


Prendevano tanto vino ed intanto la donna ha cominciato a parlare, ridere ed approvare il signore con la voce che si alzava sempre di piu' がく〜(落胆した顔).
Era ovvio che era molto ubrica, praticamente lei se stessa gridava "Aaaah, ho bevuto troppo, troppo, troppo...".
Ma scusa, perche' non andate in un'osteria meno cara パンチ むかっ(怒り) exclamation&question


Stavo proprio per perdere la pazienza 爆弾
Ho proposto a mio marito di lamentarci direttamente o dire almeno al cameriere per farglielo osservare alla coppia.
Ma lui che e' una persona tanto pacifica non voleva far casino e mi ha detto di concentrarci nel mangiare.

Oh, signore! Santa pace! ちっ(怒った顔)
Siamo finalmente venuti in questo ristorante, al mio
compleanno, per godere i piatti squisiti in un ambiente lussuoso anche se costano un occhio!!


Esitando per un po' come provvedere, la situazione e' finita con la strana voce che aveva ammesso la donna contro cui tutti e noi due abbiamo urlato d'istinto:

"Senta, gradiremmo un po' di silenzio!".

Il pancione ci ha scusato imbarazzando がく〜(落胆した顔) e "l'amante" ci ha guardato con lo sguardo vuoto...

・・・

Mi dispiace, oggi non c'entra niente con "la lingua italiana" ma non potevo fare a meno di raccontarvi la nostra cena sfortunata dell'altro ieri sera もうやだ〜(悲しい顔).
E cosi' e' cominciato il mio nuovo anno.

09110721-1.JPG

***************************


7日は私の誕生日だったもので、家の近くにある某イタリアンレストランに夫と夕食に行きました。
料理長は日本人なんですが、東京では、いやもしかしたら日本中で有名かもしれないそのセレブなお店。はっきり言って高いです、はい たらーっ(汗)
なのでいつも「ま、今度でいっか〜わーい(嬉しい顔)」、今度っていつ?とお互い心の中で思いながら、結局一度も行ったことがありませんでした。
しかーし!来たー!ついにその日が来ました。なんせ私の ぴかぴか(新しい)○○歳アニバーサリー ぴかぴか(新しい)、ドドーンと行っちゃいますかぁ〜?!


雰囲気、サービス、そしてもちろん味は我々の期待を裏切りませんでした。サイコー!


ただ、ですね・・・ここのところが最大の問題なのですが・・・我々のテーブルの隣で食べていたカップルがやらかしてくれたんですよぉぉ。アイゴー あせあせ(飛び散る汗)


それは、中年で半ハゲ、デブっちょの、いかにも会社の偉いさん風おっさんと、30代、派手で見かけは綺麗、恐らくそのおっさんの愛人と思われる女性のカップル。


その女性は、そのレストランの素晴らしいサービスと味を繰り返しおっさんに自慢し(多分彼女が店を予約したんでしょう)、ボーイがうやうやしく彼らに何かをサーブするたびに、
「ね?ほらね?いいでしょ?」とまるで彼女の功績かのように言うのでした。


二人はがぶがぶとワインを呑み、そうこうしているうちに益々大きくなる声で彼女は喋ったり、笑ったり、え〜そうなんですかぁ!?などと相槌をうったり がく〜(落胆した顔)
もうただの酔っ払いだよ。実際本人も叫んでました。「ほぇ〜、呑み過ぎちゃったよぉ〜ん。」って。
あの、養老の瀧に行ってくれませんかの パンチ むかっ(怒り) exclamation&question


もうワタクシ、ぶち切れ寸前でした 爆弾
で、夫に言ったんです。直接本人たちに文句を言うか、少なくとも店の人に注意してもらうかしようよって。
でも至って平和主義な彼は騒ぎ立てるのを嫌がって、
「食べることに集中したまえ。」
なんて言うんです!バーン!(←机たたく)

ちょっと、アナタ。そりゃないっしょ! ちっ(怒った顔)
やっとこの店に来たんだよ。しかも誕生日に!しかも今日はゴージャスな雰囲気の中でババンと極上の料理を食べようって!!
ああ、それなのに、それなのに…。


どう対処したものかあれこれ躊躇していたんですが、女性がへんてこな奇声を上げたもので、我々二人とも思わず反射的に

「少し静かにしてくれませんかね!」

って怒鳴っちゃって、それで事態は集結したのでした。


デブっちょはうろたえて我々に謝り がく〜(落胆した顔)、「愛人」は酔いでうすらボケた眼差しで、どよよ〜んと見つめていました。

・・・

すみません もうやだ〜(悲しい顔)
今回は「イタリア語」となんの関係もありませんね。でもその夜の有り得ない出来事を話さずにはおれなかったんですよ〜。
こうして私の新たな年が始まったのでした。





posted by Showcian at 12:20| Comment(4) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

Coche, coche! コーケコーケ!

09102615-1.JPG

Qui c'e' un bello caldo...zzz...ここあったかいなぁ...ムニャムニャ...


Mi domando se in Italia esistino ancora i venditori "ambulanti"
che si aggirano da un vagone all'altro delle ferrovie.
All'inizio degli anni '90 in cui vivevo a Firenze c'erano sempre dei ragazzi che vendevano le bevande fino all'ultimo momento in cui partivano i treni.


In quel periodo gli Inter City erano ancora i protagonisti del trasporto ed erano sempre pieno di gente traboccata al corridoio stretto.
Mi ricordo che i ragazzi - non so di dov'erano - vendevano i merci facendosi strada tra la gente qua e la' con dei sacconi sulle spalle.


Per quanto me ne ricordi, loro gridavano cosi' con la voce roca
come i pescivendoli di Napoli:


"Birreee, coche, coche, aranciateee exclamation×2
Panini, panini exclamation×2"


Perlomeno ai miei orecchi sembrava che dicessero cosi' わーい(嬉しい顔).


Ritengo che sia stata la prima volta che ho sentito la "birra" e la "coca cola"
al plurale ひらめき !


Oggi sugli Euro Star o Euro City arrivano i cibi e le bevande in carrello senza confusione e mi sa che sia diventato molto regolare il servizio di vendita.
Non c'e' piu' un tizio che apparisce senza che nessuno se ne accorga e poi salta giu' agilmente come NINJA dal treno che sta partendo con le coca rimaste invendute.


Tuttavia ne sento un po' la nostalgia...
Come ne pensate voi?


Anche in Giappone non esistono piu' tranne in pochissime stazioni le persone che vendono i cibi e le bevande a tracolla sui binari.
Vengono venduti soprattutto in negozietti di stazioni o in carrello sui treni come in Italia.

CA392112.jpg
venditore prezioso a Hitoyoshi di Kumamoto
熊本は人吉の貴重なお弁当屋さん



電車 電車 電車 電車 電車 電車 電車


イタリアにはまだ、列車の車両から車両へと飛び歩く、「行商人」っているのでしょうか?
90年代初め、私がフィレンツェに住んでいた頃には、列車の出発間際まで飲み物を売り歩くお兄ちゃんたちがいましたね〜。


その頃はまだInter City(コンパートメント付きの急行)が移動の主役で、いつも狭い廊下に人がはみ出すほど混んでました。
で、どこの国の人か知らないけど、大きな袋を肩に掛けた兄ちゃんたちが、人の間をぬってあちこち歩き回って商品を売ってたのを覚えてますよ。


私の記憶では、ナポリの魚売りみたいなしわがれ声でこう叫んでたんですけど、どうでしょ?


Birreeee, coche, coche, aranciateeeee exclamation×2
ビッレェェェ、コーケ、コーケ、アランチャーテェェ
(ビール、コーラ、コーラ、オレンジジュース!)
Panini, panini exclamation×2 
パニーニ、パニーニ!


少なくとも私の耳にはこう聞こえたんですけどね〜わーい(嬉しい顔)


「ビール」「コーラ」を複数形で聞いたのはそれが初めてだったと思うんです ひらめき(コケコケ わーい(嬉しい顔))


昨今では、Euro Star(新幹線?) でもEuro City(国際列車?)でも、食べ物や飲み物はカートに乗っかって混乱もなく現れ、イタリアの車内販売もずいぶんときちんとしたなぁと感じます。
いつの間にか現れて、そして動き出してる列車から忍者のようにピョ〜ンと飛び降りるヤツなんてもういませんもんね。売れ残ったコーラをぶらさげて。


でもそれはそれでちょっと淋しいかな。どう思います?


日本でも、首からお弁当提げて駅のホームで売っている売り子さんって、少なくなりましたねぇ。
お弁当は駅の売店か、イタリアと同様、列車の中でカートで運ばれてきますもんね。






posted by Showcian at 10:55| Comment(2) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。