2009年10月21日

La reincarnazione di PakkunT ぱっくん1号の生まれ変わり

09102116-1.JPG

Piacere! Ho circa un mese はじめまして!生後約1ヶ月で〜す


Permettetemi di raccontare un po' del ricordo di PakkunT.


Ho sentito dire che ci sono parrocchetti anche in Italia ma non e' tanto comune quelli che parlano.
In Giappone invece li si tengono non solo perche' sono carini ma anche per divertirsi ad insegnargli le parole.


La prima parola che ha imparato PakkunTera naturalmente il suo nome "Pakkun".
Poi, siccome volevo che lui diventasse "un italiano", gli ho insegnato "Ciao!".
Li aveva imparato subito ed un giorno ha cominciato a dire "Pakkun, ciao!".
Ooooh, che bravo ぴかぴか(新しい) exclamation


Ma era cosi' bravo da ripetere a dire rapidamente

"Pakkun, ciao! Pakkun, ciao!Pakkun, ciao!"

e' diventato alla fine "Pakkuncio'!", come appunto il nome di famosi biscotti giapponesi.


index_img_01-1.JPG


Dopodiche' ha imparato genialmente a dire "Capito? Bene, bene!", ma mentre
si ricordava delle parole giapponesi l'una dopo l'altra

"こんにちは" (conniciwa) =Buongiorno
"ファイトいっぱーつ!" (fight ippatsu) =Forza!
"お元気ですかー?" (oghenchidesuca?) =Come stai?

il suo cervello e' arrivato fin disk-full, cosi' a poco a poco e' stato cancellato "Capito? Bene, bene!" ふらふら.

・・・


Ma tuttavia dove sei adesso...もうやだ〜(悲しい顔) ?
Spero di tutto cuore che stia dicendo "Pakkuncio'!" sulla spalla di qualcuno senza essere morto.

*************************


ぱっくん1号の想い出話をちょっとさせてくださいね。


イタリアにもセキセイインコはいるけど、お喋りするインコはあまり一般的ではないと聞いたことがあります。
日本では、もちろん可愛いから飼うんですが、言葉を教えるのを楽しむためっていうのもあるんですね〜。


ぱっくん1号が初めに覚えた言葉は、もちろん自分の名前「ぱっくん」でした。
イタリア人のようになるのだぞ、と思っていたので、次に教えたのが「チャオ!」。
彼はすぐに覚えて「ぱっくん、チャオ!」と言い始めましたよ。
エライッ exclamation お利口さんだなぁ ぴかぴか(新しい)


でもあまりにお利口さんだったもんで、えっらい早口でまくしたてるわけです。

「ぱっくん、チャオ!ぱっくん、チャオ!ぱっくん、チャオ!」

で、ついにぱっくんちょ!」になってしまいましたとさ。
森永の有名なお菓子「パックンチョ」であります。


その後、彼は天才的に「Capito? Bene, bene! 分かった?ならば良し!」なんてのも言えるようになったんですが、続けさまに

「こんにちは」「ファイトいっぱーつ!」「お元気ですかー?」

なんて日本語を覚えてるうちに、脳の仮想空間がいっぱいになったと見えて「Capito? Bene, bene!」はデリートされてしまいました ふらふら

・・・

それにしても、いったいどこに行っちゃったの... もうやだ〜(悲しい顔)
死ぬことなく、誰かの肩の上で「ぱっくんちょ!」と言ってることを心底祈るばかりです。








posted by Showcian at 17:51| Comment(6) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

Carre' ? Curry ? カレ?カレー?

09062922-1.JPG

Ho sonno... 眠い...



Quando vivevo a Milano a dieci anni, c'era una cosa molto impressionante pur essendo piccola.

E' un tipo di pane che si chiama...

pan carre' exclamation×2

204_207_IT.jpg


La prima volta che l'ho visto in un supermercato (Esselunga), ho pensato che fosse un pane con gusto di curry oppure con un pesto di curry dentro.
Essendo fuori dal Giappone mi mancava il sapore di curry, e mi avrebbe fatto tanto piacere se fosse stato cosi'.

Ma in realta', non lo era もうやだ〜(悲しい顔) .
Non era niente piu' di un pane banale che si puo' trovare dappertutto anche in Giappone con il nome generale 食パン (sciocu pan).

l01_04-2_02.jpg


Il dizionoario dice che "carre'" e' una parola francese e significa:

(1) sprone (2) lombo di maiale (3) un tipo di pane.

Che contrastanti がく〜(落胆した顔)exclamation Ha i sensi totalmente diversi!

Secondo me il pan carre' italiano e' un po' troppo secco e insipido, quello giapponese invece e' troppo morbido e si appiccica ai denti あせあせ(飛び散る汗).
Se si potesse fare un "frappe'" di questi due, magari verrebbe fuori un pane perfetto わーい(嬉しい顔)

*********************************


10歳でミラノに住んでいた頃、子ども心に印象的なものがありました。

パンの一種なんですが、名前が・・・

pan carre' パンカレ (レにアクセント)exclamation×2

スーパー(その名はエッセルンガ)でそのパンを初めて見たとき、カレー味かもしくはカレーペーストかなんかが中に入ってるのかと思ったんですよぉ。
異国の地においてカレー味が恋しかったもんで、そうだったらいいのに!そうであってほしい!たのむ!と思ったんです。

しかーし、実際は違いました もうやだ〜(悲しい顔)
それは単なるパン。これでもか、ってぐらいフツーの。
いわゆる日本でどこででも買える「食パン」ってヤツですね。

えーと、辞書を見てみると「carre'」はフランス語で、意味は:

(1)服の身ごろなどに補強用としてつける切替布(ヨーク)
(2)豚ロース
(3)パンの種類

なんだこれ。意味てんでバラバラ がく〜(落胆した顔)

イタリアのパンカレはちょっとボソボソし過ぎてて、日本の食パンはフニャフニャし過ぎてて歯にくっつきますよね〜 あせあせ(飛び散る汗)
足して2で割ればちょうどいいんですけどね。






posted by Showcian at 17:54| Comment(4) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

Un bel ricordo

07020321.DSC00489.JPG


Perche' sei cosi' ciccione? メタボ検診行った方がいいよ


C'e' una frase in italiano di cui ho tanta nostalgia.

"Spero che non si offenda!"

Mio padre, che e' morto luglio scorso, la diceva spesso per scherzo.

L'ha imparata quando viveva a Milano per lavoro.
Era sulla quarantina, la sua prima esperienza di lavorare con gli italiani.

All'inizio probabilmente non sapeva niente del loro modo di pensare, di lavorare ne' il loro senso dei valori,
e doveva essere molto duro per lui imparare le tecniche
di fare gli affari con gli italiani molto diversi dai giapponesi.

Durante il buisiness che non procedeva come si aspettava mio padre, doveva essere stato detto spesso cosi':

"Signor ***, spero che non si offenda ma ..."

たらーっ(汗) たらーっ(汗) たらーっ(汗)

Mio padre sapeva benissimo parlare inglese ma mi sa che non avesse disposizione per le altre lingue.

Partecipava alle lezioni d'italiano per gli impiegati della sua compagnia, ma siccome non riusiva, o meglio dire rinunciava a ricordare le coniugazioni dei verbi,
era abbandonato dall'insegnante.

Pero' solo questa "Spero che non si offenda" l'ha imparata subitissimo e ripeteva a dire scherzando anche a noi.
Benche' sia abbastanza complicata grammaticalmente:
"sperare" piu' il congiuntivo, inoltre con un verbo riflessivo "offendersi".
Il livello medio-superiore??

E' un bel ricordo di lui かわいい.
Spero che non si offenda al Cielo per essersi svelto che era un fallito della classe d'italiano!

********************************


私にとって懐かしいイタリア語のフレーズがあります。

"Spero che non si offenda! お気を悪くされないといいんですが"

昨年7月に亡くなった父は、ふざけてこれをよく言ってたんです。

仕事でミラノに住んでいた時覚えたこのフレーズ。
その頃父は40歳ぐらい、イタリア人と仕事をする初めての経験でした。

最初は彼らのものの考え方や、仕事の仕方、価値観なんかも
恐らく全然分からず、日本人とかなり違うイタリア人たちとビジネスするコツをつかむのはとてもハードだったろうと思います。

思うように進まない仕事の中で、しょっちゅう言われたんだと思うんですよね:

「ミスター***、恐縮なんです・・・」

たらーっ(汗) たらーっ(汗) たらーっ(汗)

父は英語はバッチリでしたが、他の言語はいまいちで…。

会社が社員に行ってるイタリア語レッスンには参加してましたが、
動詞の変化が覚えられない、っちゅーか、ほとんど覚える気が
ないっちゅー感じでして、先生からも諦められてました。

でもこの「お気を悪くされないといいのですが」だけはすぐ覚えて、私たちにもふざけてよく言ってました。

文法的には結構複雑ですよね、
「sperare 願う + 接続法、更に offendersi 気を悪くする」
という再帰動詞ですもん。
中上級クラスぐらい??

父のいい想い出です かわいい
イタリア語のクラスで落ちこぼれだったことがバラされて、
天国で気を悪くしてないといいんですけどね〜





posted by Showcian at 12:16| Comment(0) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

Grazie, Superman!

03010100.P1010086.JPG

Fammi uscire! 出してくれぃ!


"Superman exclamation Piu' veloce della luceexclamation×2"

Sapete cos'e' わーい(嬉しい顔)?
E' il primo comparativo in italiano che ho saputo nella mia vita.

Se non mi sbaglio, il programma del Superman cominciava sempre con questa solita frase.
Lo guardavo ogni tanto quando vivevo a Milano. Avevo 10 anni.
I cartoni animati e le pubblicita' televisivi mi affascinavano tanto perche' riusivo a comprendere anche se non capivo quasi niente d'italiano.

Da questa frase "piu' veloce della luce" ho saputo che Superman vola piu' veloce della luce ma ho anche imparato che si paragona due oggetti con un aggettivo collegando con la preposizione "di".
Quando lo guardavo non capivo per niente i componenti grammgaticali, pero' me ne sono resa conto dopo ben 15 anni.
Grande! Superman!!

Poi c'e' un'altra canzone che mi ha insegnato delle cose utili.
Le sue parole sono simpaticheわーい(嬉しい顔)

るんるんるんるんMi scappa la pipi', mi scappa la pipi',
mi scappa la pipi' papa',
non ne posso proprio piu', io la faccio qui'るんるんるんるん

Wow! Che nostalgiaぴかぴか(新しい)
Ascoltandola mi sento di ritornare alla mia infanzia...
A Milano con mia sorella la cantavamo a voce alta senza pensare il suo significatoがく〜(落胆した顔)

Questa canzone contiene due termini importanti:
un modo di dire con il verbo pronominale "non poterne piu'"
ed il pronome diretto "la" che indica la pipi'.
Il fatto che si usa il verbo "scappare" con la pipi' e' anche importante 手(チョキ)

...

Insomma, e' bello sapere le espressioni, le parole e la costruzione grammaticale ascoltando la musica e guardando la televisione.
Anche se non le capisci in quel momento, qualcosa ti rimangono
negli orecchi ed un giorno ti escono fuori inaspettatamente.

スーパーマンexclamation光より速いぞexclamation×2

これ何か知ってます?
私の人生において最初に知ったイタリア語の比較級です。

たしか番組はいつもこの決まったフレーズで始まったと思うんです。
ミラノに住んでいた頃時々見てたんです。私は10歳。
テレビでやるアニメやCMは、イタリア語が全然分からなくても理解できたので大好きでした。

この「光より速いぞ」から、へぇ、スーパーマンは光より速いのか、ということも知ったけど、二つの名詞を一つの形容詞で比較する時は前置詞diでつなぐのだな、ということも知りました(cheの時もある、ということはさておき)。
これを見ていた時は、文法構成なんてちーっとも分からなかったですが、15年も経ってからそれを知りました。
すごいぞ、スーペルマン!

それともうひとつ。役に立った歌があるんですよぉ。
歌詞がとってもいいの。

るんるんるんるんおしっこ漏れちゃう、おしっこ漏れちゃう、
パパ、おしっこ漏れちゃうよ〜〜、
もう我慢できない、ここでやっちゃうんだもんねるんるんるんるん

わおっ懐かしいーっ
聴いてると子どもの頃を思い出します。
ミラノで姉とこれを大声で歌ったものです。意味考えずにがく〜(落胆した顔)

この歌には重要な要素が二つ。
代名動詞のついた言い回し「もう我慢できない」、
そして「おしっこ」を指している直接補語人称代名詞"la"。
「おしっこ」には「scappare 逃げる、去る、意志に反して出る」という動詞を使うってことも大事ですね手(チョキ)わはは。

・・・

まぁとにかく、歌を聴いたりテレビを見たりして表現、言葉、文法構成を知るのは楽しいですねぇ。
その時は分からなくても、いつの間にか何かが耳に残って、
ある日ヒョイと口をついて出たりするんですねぇ。
posted by Showcian at 11:49| Comment(0) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。