2010年07月30日

DOOON! どーん!

IMGP0522-1.jpg

Voglio uscireee! 出たいぃぃ!



In Giappone c'e' un piatto tradizionale che si chiama 親子丼 (OYAKO-DON).

突然ですが、親子丼って美味しいですよね〜。

32_13000469_1790_2.jpg


Mmmm, guardate questo splendido colore d'oro! Le uova che si sciolgono! ぴかぴか(新しい)
E' fatto con la carne di pollo e le uova sbattute, e sotto c'e' il riso bianco.
Il DON e' l'abbreviazione di DONBURI (丼) cioe' la scodella.
親子 (OYAKO) invece? Volete sapere cos'e'?
Vuol dire i genitori (親 = oya) e figli (子 = ko). Infatti e' fatto con la gallina ed i suoi figli! わーい(嬉しい顔) (macche' spiegazione!)

どうです、この金色に輝く卵のとろけ具合 ぴかぴか(新しい)固まらないうちに早くね。タレはあまり辛くしないでサッパリとお願いね。三つ葉がのってると完璧ね。
親子丼はなぜ親子かというと、そりゃ鶏と卵だからですよね わーい(嬉しい顔) 




Alcuni giorni fa sono andata a cenare con una mia amica italiana e l'abbiamo mangiato. Per lei e' stata la prima volta che l'ha provato e le e' piaciuto tanto. Sembrava che si fosse anche convinta della mia spiegazione perche' si chiama OYAKO-DON.

数日前にイタリア人の友人と夕飯を食べに行って二人とも親子丼を食べたんです。彼女は初体験で、そのちょっと甘めのトロトロ感にノックアウトされたようでした。目が溶けてたもん。で、なぜ親子丼というかの説明にも納得したようでした。




Non era necessario aggiungere un'altra informazione, ma mi e' scappata dalla bocca che esiste pure il 他人丼 (TANIN-DONBURI).
Naturalmente lei mi ha chiesto che cos'e' il TANIN, e mi sono bloccata! All'istante non mi e' venuto in mente come si dice 他人 (tanin) in italiano e gliel'ho spiegato maldestramente:

これで終わらせれば良かったのに、他人丼っていうのもあるんだよ、などとなぜか余計なことまで私は口走りました。
当然の流れで、tanin ってなに?と彼女。
え・・・?他人・・・?イタリア語でなんという?ほら、他人だよ他人、赤の他人の他人!・・・と日本語で力んでいても仕方ないので何とか説明しようと試みたんですが、アホなことしか言えなくて〜。トホホ〜


io: Dunque... 他人 non e' i genitori... non c'e' il rapporto di sangue come i genitori e figli...
えっと…他人は両親じゃなくて…親子のような血のつながりはなくてぇ…

amica: Cioe'? Si fa con che cosa?
つまり?それは何で作るの?

io: Con la carne di manzo o maiale e le uova!!
牛か豚の肉と卵!



・・・


L'avrei dovuto dire i terzi, l'estraneo, fuori famiglia o cosa del genere??

辞書には「第三者」「知らない人」「血縁の絆が無い人」みたいな表現の言葉しか載ってないようなんですが、豚とヒヨコが他人かはどうか別として、どういえばいいんでしょうねぇ、こういう場合。




Oltre a questi ci sono tanti altri DONBURI. Quando venite in Giappone, ve li consiglio di provare!

親子丼と他人丼の他にもドンブリものはたくさんありますね。


かわいい KATSU-DON (con cotoletta) カツ丼
かわいい UNA-DON (con anguilla) うな丼
かわいい BUTA-DON (con le fette di maiale) 豚丼
かわいい GYUU-DON (con le fette di manzo) 牛丼
かわいい SUTAMINA-DON (con le fette di carne alla griglia) スタミナ丼
かわいい SHAKE-OYAKO-DON (con salmone e le sue uova わーい(嬉しい顔) ) 鮭親子丼


E non dobbiamo dimenticare questo mitico KAISEN-DONBURI (海鮮丼), un re del mondo donburino!! ぴかぴか(新しい)

そして忘れちゃいけないのがこれ!ドンブリ界に君臨するこれです ぴかぴか(新しい)

GMIDDLE.jpg

The King of DON!






posted by Showcian at 15:07| Comment(6) | 単語 vocaboli | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

Cos'e' un vero cosmoplita? 真の国際人とは?

IMGP0424-1.jpg

Insomma... やれやれ...



L'altra sera io e mio marito siamo andati a cenare in una trattoria che si chiama TRATTORIA CASALE del PACIOCCONE. Mio marito ha appunto una pancia paffuta, quindi proprio un paccioccone e' andato al Pacioccone. わーい(嬉しい顔)

先日の夜、主人とトラットリアに夕飯を食べに行きました。店の名前はトラットリア・カザーレ・デル・パチョッコーネ。のん気な太っちょ男 (pacioccone) の農家 (casale)、というような意味でしょうか。てことは、うちのパチョッコーネがパチョッコーネに行ったということね!わははは わーい(嬉しい顔)

11937100601missparis_newsbage.gif


Un cameriere ci ha accompagnato ad un buon posto d'angolo.
L'ambiente della trattoria era molto elegante, molto italiana, tranquilla con la luce debole della candela sul tavolo ぴかぴか(新しい)... e stavamo per cominciare una bella cena tutti contenti.

カメリエーレが隅の落ち着いた席に通してくれました。
店内はとてもシックでいかにもイタリアな雰囲気。静かで照明もほの暗く、テーブルにゆれるロウソクの炎 ぴかぴか(新しい)・・・すてきーーっ!
我々はたいそうご機嫌で席に着き、さ〜て、なに食べよっかな、とワクワクしていました。




Ad un certo momento, e' scoppiata una fragorosa risata al tavolo sinistro del nostro!
Rivolgendoci sorporesi al chiasso, abbiamo visto 7 giovani ragazze di una ventina d'anni ridere a crepapelle battendo le mani e il tavolo. Non so su che cosa parlavano ma continuavano a ridere e chiacchierare ad alta voce all'impazzata. Era ovvio che erano molto ubriache.

そこへもっていきなり大爆笑の声が我々のテーブル左サイドより炸裂!あまりの衝撃にコントだったら椅子ごと吹っ飛んでるところでした。
びっくりしてそっちを見ると、20歳ぐらいの女の子たちが7人、大盛り上がりに盛り上がり、手や机を叩きながら笑い転げているのでした。
なにがそんなに可笑しいのか知らないけど、ノンストップトーキングの合間合間に訪れる抱腹絶倒の数分間。お嬢さんたち、かなり酔っぱらっていることは明白でした。




Io e mio marito ci siamo ricordati della serata disastrosa in un ristorante italiano.
Mentre ci mantenevamo a malapena la pazienza...ci ha attaccato un'altra chiassata!

私と夫は、昨年11月のあの悪夢のようなディナーを思い出していました。
それでも伏し目がちにしばらく耐えていると・・・さらなる衝撃波が!


ぎゃはははははは! (gyahahahahaha!)
あっはっはっはっは! (ahhahahhahha!)
うけるー! (ukeruuuu! = mi fa ridere!)
それっておもしろすぎー! (sorette omoshirosugiii! = e' troppo buffo!)
バンバン! ←机たたく (bang bang ← battono il tavolo ridendo)


Intanto una va in bagno, una torna al tavolo, si scattano le foto mettentosi in posa di 手(チョキ), continuano a spostarsi, si fanno vedere il proprio cellulare ridendo...

その間も一人がトイレにたち、一人が帰ってきて、手(チョキ) しながらお互い写真を撮ったかと思うと、席を移動したり携帯を見せ合いっこしたり・・・

お前らお前らお前らお前ら お前らお前ら・・・


100710_2211~01.jpg



Imparato dall'amara esperienza del passato, non abbiamo esitato a chiamare il cameriere per farci cambiare subito il posto.
Tutti i camerieri sembravano sconvolti nel vederci offesi, ma ci hanno subito preparato un altro posto lontaaaaano dalle ragazze e ci hanno chiesto scusa per non ci avevano fatto caso.
No, non e' la colpa loro. Sarebbe difficile per loro raccomandare ai clienti di stare piu' silenziosi. Basta che chiediamo noi di cambiare il posto, niente altro.

あの日の苦い経験から学んだ私たちは、すぐにカメリエーレを呼びましたとも!席を替えて下さい!と言いましたとも。
事情を知ったカメリエーレたちはざわざわと動揺し、向こうの方で輪になって(そんな風に見えた)何か話し合っていましたが、すぐさま女の子たちから遠ーーーく離れた席に替えてくれて、気遣いが足りませんで、と謝ってくれました。
いや、彼らのせいじゃない。お客に向かって「もう少し静かにしろ」とは中々言えないですよね。注意してもらうより、こっちが移動すればいいだけのことだし。




Ogni volta che mi capita questa cosa, mi sento angosciosa.
Certamente e' un grosso problema anche in Giappone, ma se i giovani di questo genere si comportassero cosi' in un posto pubblico all'estero come se stessero a propria casa, sarebbe una vergogna enorme!!

しかし、こういうことがある度に何とも情けない気分になります。
店でギャハハハーと騒ぐのは日本においてももちろん問題だけど、もしああいう子たちが外国の公共の場でもギャハハハーとやっているとしたら、もうお姐さんとしてはそいつら彼女たちの口を塞いで羽交い絞めにして日本に引きづって帰りたくなります。

tumblr_kyrlym5skp1qz8sh9o1_400.gif


A scuola si parla spesso di come si puo' diventare una persona veramente "cosmoplita" e si fa studiare inglese fin da piccoli, ma secondo me questa cosa non c'entra per niente! パンチ
Invece di imparare inglese, c'e' da imparare per essere perbene! Almeno si deve essere consapevole di dove sta in quel momento.

真の国際人とは何か、などと言って学校では子供のころから英語を学ばせようとしますが、
そんなの関係なーい! パンチ 英語を勉強する前にやることあるよ。もっとちゃんとしようよ!他所の人に迷惑かけちゃいけないんでちゅよ。
はぁ〜、それにしても素敵なイタリアンには何だかついてないなぁ ふらふら



posted by Showcian at 18:03| Comment(11) | 想い出 ricordi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

Volentieri o malvolentieri? しぶしぶ?それとも喜んで?

IMGP0588-1.jpg

Non ne posso piuuu'! 我慢できなーい!



Guardate il poverino Pakkun! Quando fa molto caldo, gli uccelli spalancano le ascelle per far uscire il calore. Le ascelle si dice in giapponese 脇 (waki) per cui questa posa viene chiamata Waki-Waki tra gli amatori di cocorite. わーい(嬉しい顔)
Pakkun vola da me, mi guarda mettendosi in super Waki-Waki e mi implora di accendere il condizionatore.あせあせ(飛び散る汗)
OK, caro, accendiamolo!

この情けないパックンを見て下さい。あんまり暑いと鳥は脇を広げて熱を放出しようとします。インコ愛好家の中でこれはワキワキのポーズと呼ばれています わーい(嬉しい顔)
エアコンのつけ過ぎもよくないので午前中ぐらいは窓を開け、私の我慢大会in灼熱地獄に彼を突き合わせてるんだけど、ばばーっと飛んできてドンッと私のまん前に着陸し、た・た・頼むからエアコンつけてくれ・・・あせあせ(飛び散る汗) とワキワキ全開で懇願するんですよ。
分かった分かった、今つけるからさ。


IMGP0592-1.jpg



L’altro giorno, sempre al corso di traduzione, ho saputo una cosa che non ci avevo mai pensato.
Il testo che trattavamo era una novella intitolata “Aldabra” di Silvana Gandolfi.
C’e’ un discorso tra una nipotina e sua nonna in cui la nonna le racconta che nel passato voleva trasformarsi in qualcosa.

先日、またいつのもように翻訳レッスンで、これまで全く考えもしなかったことを知ることとなりました。
教材はシルバーナ・ガンドルフィという作家の「アルダブラ」という小説だったんですがね。孫娘とおばあちゃんの会話で、おばあちゃんは昔あるものに変身したかったんだよ、と言う場面があったんです。


nipotina: In cosa ti volevi trasformare, nonna?
孫娘:おばあちゃん、何に変身したかったの?
nonna: Non riesco a ricordarmelo.
祖母:思い出せないわねぇ。
nipotina: In una sirena?
孫娘:人魚とか?



Poi la nonna le risponde cosi’: するとおばあちゃんはこう答えるんです。


nonna: Una sirena? Ora che me lo dici (...) Per forza non ci sono riuscita, le sirene... non sono nemmeno sicura che esistano!
祖母:人魚?そう言えばそうだったかもしれないね (...) もちろん変身なんてできなかったよ... だいたい人魚なんて本当にいるのかどうかも分からないんだから!



Non solo io ma quasi tutti gli studenti hanno tradotto questo per forza in un significato come “benche’ io abbia fatto uno sforzo”, ma non era cosi’.
Abbiamo saputo per la prima volta che per forza avesse un senso tipo “certamente” o “ovviamente”!! ひらめき
E quindi in questo caso la nonna dice che naturalmente non e’ riuscita a trasformasi in una sirena, perche’ non e’ nemmeno sicura che esistano le sirene.

この per forza、私だけでなく生徒の皆さんの大半が「どんなに頑張ってみても(変身できなかった)」といった意味に訳しました。でも違うんですね〜!!
per forza「当然」「〜するのは当たり前」という意味があるって知ってました?!恥ずかしながら私はじめて知りましたよ!ひらめき
なのでこの場合は、おばあちゃんは人魚なんて本当にいるのかしらん、と思っていて、どんななのかも分からないんだから変身できなかったのも当然、といったニュアンスなんですねぇ。
 



Forse i giapponesi che studiano italiano sanno bene l’uso di per forza con un senso come “necessariamente”, “anche se non si vuole”, “non resta che fare”, ecc.

イタリア語を勉強している日本人の方は多分、「必要に迫られてやむを得ず」「不本意にも」といったper forzaの使い方はよく知っていると思うんです。


A: Hai fatto i compiti?
宿題やった?
B: Si’, per forza, se no, mia mamma mi amazzera’!
うん、しょうがなくね、だってやらないとママに殺されちゃうもん

A: Com’e’ andata a finire la tua storia con tua moglie?
で、奥さんとどうなった?
B: Beh, non posso divorziare in questo momento. Ora dobbiamo stare insieme per forza.
ま、今の時点で離婚はできないんだよな。今は一緒にいるしかないんだ(トホホ)



Ma con grande sorporesa, ha un altro significato quasi contrario!

ところが驚いたことに、正反対ともいえる意味が!


A: Ti e’ piaciuto “Benjamin Button”?
「ベンジャミン・バトン」好きだった?
B: Per forza, c’e’ Brad Pitt!
もちろん!ブラピが出てるもん!

A: Andiamo a ballare stasera?
今夜踊りに行く?
B: Si’! Per forza! 
うん!もちろん!(行く行く!わーい!)




Mmmm, praticamente non mi e’ familiare questo modo di usare.
Ma mi chiedo come si distinguono questi due. Dipende dal tono della voce?

うーむ。このやる気満々な方のper forzaはどうもピンと来ないなぁ。forzaは「力」だからper forza「力によって」→「力づくで(やらざるを得ない)」と、どうしても思考がネガティブな方へ向いてしまいます。
渋々やるper forzaと、底抜けに前向きなper forza、どういう風に区別するんだ?もしかして暗く言うか、明るく言うか?


la mia ragazza: Stasera vieni da me a cenare insieme?
彼女:今晩うちで一緒に夕飯食べない?
io: @ Si’! Per forza! (= certamente! もちろん! )
A Si’, per forza... (= non mi va pero’, vabbe’...vengo 乗り気じゃないけど、ま、行くよ)

Pakkun: Non ce la faccio piu’! Mi accendi il condizionatore?
パックン:もうダメ!エアコンつけてくれ。
io: @ Si’! Per forza! (= certo! l’accendo subito! はいよ!すぐつけるよ!)
A Si’, per forza... (= di gia’? vabbe’... l’accendo もうつけんの?ま、いいや、つけるよ)




Qualcuno me lo potrebbe chiarire?

どうなんでしょうか。どなたか教えて〜。



IMGP0583-1.jpg





イタリア人の皆さんのコメントより
posted by Showcian at 21:36| Comment(4) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

Un travaglio creativo 産みの苦しみ

100320-1.jpg

Piscina, piscina! プールだ、プールだ!



Fa caldo!!!! あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗) Aiuto!!!! Anche oggi a Tokyo siamo arrivati a piu' di 35 gradi.
Voglio scappare in Sud Africa!

あっついよー あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)助けてよー。東京は今日も35℃以上いきましたね。夏ってこんなに大変でしたっけ?あぁ、南アフリカ行っちゃいたいなぁ。
(あ、そうそう、前回のモッツァレッラ、「イタリア人の皆さんからのコメントより」またご覧くださいね。)




Scherzi a parte, con questo caldo continuo con perseveranza il mio studio di traduzione.
A volte non riesco a mantenermi la concentrazione e non mi accorgo neanche di rileggere 10 volte la stessa riga, ma per il momento non mi sono arresa ancora. ANZI! Ultimamente ho cominciato a fare un lavoretto come tradutrice! ひらめき Yeahhhh! Ho fatto un debuttino! ぴかぴか(新しい)

ま、それはいいとして、こんな暑い中でもワタクシ翻訳の勉強をシコシコ続けております。
でもこんなに暑いと、時としてボワワ〜っと視点が定まらなくなってきて、あれ?さっきから10回くらい同じ文読んでない?バカバカ!もっと気合入れろ!・・・で、また瞳孔フリーズ・・・の繰り返しですけどぉ、でも何とか頑張ってますよ。
ていうか!最近翻訳のアルバイトめいたことも始めたんです!ひらめきついに翻訳デビュー? ぴかぴか(新しい) わはは、そんなすごいもんじゃないんですが、でももうすぐ書店に並ぶかも?ふふふ。




Traducendo le frasi in italiano al giapponese, ho notato che una delle cose piu' difficili e' che certe volte in una frase ci sono tanti aggettivi, avverbi, gerundi, pronomi relativi che qualificano un nome o un verbo.
In conseguenza, una frase si allunga senza fine ed io cado nella trappola.

イタリア語の文を日本語に訳していて難しいなぁと思うことは、イタリア語の一つの文の中には形容詞、副詞、ジェルンディオ、関係代名詞などが五万と使われていたりして、一つの名詞や動詞を修飾しまくっている、ということです。
こういう文は必然的に恐ろしく長くなるので、そのまま日本語にしていくと何とも変な文が出来上がります。




Non mi viene subito un buon caso, ma per esempio:

えーと、いい例が浮かびませんが、たとえば:



"... Con questo progetto i cittadini avranno pieno accesso alla tutt'altro che sofisticata ma certamente curiosa tecnologia, in modo da poter loro stessi produrre in maniera semplice e poco costosa le immagini aeree della castastrofe."

この度の企画で市民たちは、高性能とは決して言えないが、間違いなく面白いテクノロジーを思う存分体験できるし、単純で費用もかからない方法によって自分たちで大惨事の航空写真を撮ることができる



E' un pezzo di una notizia sulla marea nera degli Stati Uniti.
Il nocciolo di questo brano e': i cittadini avranno pieno accesso alla tecnologia in modo da poter loro stessi produrre le immagini.
"tutt'altro che..." si riferisce alla teconologia, e "in modo da..." spiega come si accede al progetto, ma se lo traduco in giapponese esattamente com'e' scritto qua, si farebbe una frase difficile da capire.
Quindi bisognerebbe dividere in due frasi finendo con "teconologia" e comincia di nuovo da "in modo...".

先日アメリカの海岸で起きた原油汚染についての記事の一部です。
この長い文の骨子は、市民たちは自分で航空写真を撮って、このテクノロジーに参加できる、といったようなことですよね。
その他の部分は、どんなテクノロジー?どんな風に参加できるの?という点を説明しているわけです。
本当は「単純で・・・」以下の部分は、in modo da〜「〜するように」につながって前文に掛かってるので、「単純で費用も・・・写真を撮ることができるように・・・テクノロジーを体験できる」という文なんだけど、これじゃ何言ってるか分からないですよね?


hanasiwo.jpg

Comunque sentiamo cosa vuoi raccontarci



Uhm... non penso di essermi spiegato bene il punto che mi blocca spesso.
Allora vi faccio io una frase piena di parola qualificativa magari un po' troppo esagerata.

うーむ・・・何だかうまく説明できていない気がする。私がしばしばフリーズしてしまうポイントを!!
では無理やり自分で文を作ってみます。修飾句をどっさり入れて。ちょっと大げさなぐらいに!



Mi sono cambiata in fretta per uscire a lavorare riempendomi la bocca di una grossa mela rossissima come tramonto che avevo comprato ieri in un mercato vecchio vicino a casa di Marco di cui ti raccontava spesso quando eravate...

マルコが君によく話していた彼の家のそばにある古いメルカートで昨日買った大きくて夕焼けのように真っ赤なリンゴを頬張りながら仕事に行くために私は大急ぎで着替えた




Come lo trovate?? ふらふら Avete capito piu' o meno cio' che volevo dire?
La frase continua continua continua senza fine! Ma non sto scherzando, mi capita spessissimo la frase simile. たらーっ(汗)

どう?どう?どう?言わんとしていること分かって頂けました? ふらふら
言ってみればこんな風にどんどんどんどんつながっていくわけで、ビックリするくらい長い文に出くわすことが結構・・・しょっちゅう・・・(泣)たらーっ(汗)
しかもこんな単純な話じゃなくて、もっと難しいテーマ&難しい単語だともう机を蹴飛ばしたくなります。
こういう、あなた、結局なにが言いたいわけ的長文は、上手に二つに切ったりしてうまいこと訳していかねばなりませんわね。

・・・

Comunque anche se e' faticoso, mi diverto un sacco a fare la traduzione scoprendo la differenza di composizioni d'italiano e di giapponese, e quando trovo un'espressione giapponese giusitissima a quella italiana, BALLO di gioia! るんるん

いや〜なにかと骨が折れますが、それでも翻訳って楽しいですね。まだ始めたばかりなので実力はまだまだ小学生並みですが、イタリア語と日本語の文章の構造の違いを発見しながら楽しんでやっています。
ピッタリの訳が思い浮かぶと、まず一人ガッツをして、そして踊ります るんるん







posted by Showcian at 18:46| Comment(7) | 表現 espressioni | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

Vietato imitare まがい物お断り

IMGP0539-1.jpg

Ah, si apre cosi'? あ、こう開くの?



Ieri sono andata a fare la spesa in un supermercato e ho comprato due tipi di formaggio.
Uno e’ 6 formaggini in una scatola rotonda ed un’altro e’una mozzarella. La mozzarella, ne avrei voluto mangiare una vera, cioe’ di bufala, ma siccome sono andata al piccolo supermercato dove non la vendevano (ed anche perche’volevo risparmiare i soldi 手(パー)), ho fatto un compromesso con quella di latte di mucca.

昨日はスーパーへ買い物に行ってチーズを2種類買いました。
一つは6ピー・チーズ、もう一つはモッツァレッラ。本当は水牛くんの本物を食べたかったんだけど、そんなの売ってない小さなスーパーに行ったもので(本物は高くて買えない 手(パー)というのもあるけど)そこら辺にいる牛のチチ製ので妥協しました。

-1.jpg


Tutti e due si chiamano モッツァレラ (mozzarela, ma non mozzarella), made in Japan! ぴかぴか(新しい)
Quella mozzarella di latte di mucca e' accettibile perche' e' comunque una mozzarella, ma riguardo ai 6 formaggini...? Contengono la mozzarella?
Ora vediamo gli ingredienti.

二つとも商品名はモッツァレラ。(モッツァレッラではなく)。純日本製!ぴかぴか(新しい)
モッツァレラの方はとりあえずモッツァレッラなんだからまだいいとしても、6ピーの方はこの名前でいいわけ?モッツァレッラが含まれているのか?
では原材料を見てみましょう。

IMGP0492.JPG


Ecco! Dice che la racchiudono piu’del 60%!
Ma a dire il vero, non sa per NIENTE di mozzarella! もうやだ〜(悲しい顔)

ほー!60%以上も入ってるんですって!
でもね、ひとっつもモッツァレッラの味なんてしないんですけど!!もうやだ〜(悲しい顔)




Per proteggere e garantire i prodotti alimentari c'e' una regola stabilita dall’Unione Europea tipo DOP, IGP e STG, e secondo la lista di essi, la mozzarella appartiene a STG.

http://it.wikipedia.org/wiki/Prodotti_DOP_e_IGP_italiani

La nostra モッツァレラ (mozzarela) e’fattibile diversamente da DOP e IGP che proibitano di usare il nome per i prodotti imitati?
Forse l'UE chiude un occhio su questo nome nipponizzato ドコモポイント, ma se il nome fosse stato MOZZARELLA, sarebbe stato punibile...? パンチ

ヨーロッパには、食品の安全と品質保証、原産地呼称の保護を目的にEUが発効した法律がありますよね。
これはこの場所で、この材料で、この方法で、この工程を経て製造したホンマモンです!豚肉を赤く染めて、コレ牛肉だよ、イヒヒ、by ミー○ホー○、みたいなインチキモンとは一緒にしないでね、という生産者の誇りとでもいいましょうか、それを示すシールを商品に貼るわけです。
この制度にはDOPIGPSTGなどがあり、ワインのDOCG(原産地統制保証呼称)やDOC(原産地統制呼称)に習って制度化されたそうです。

http://www.vinovinovino.com/food/cibo/cibi.html

で、どんな食品がこれらの制度の元に保護されているかというのがこちら。

http://it.wikipedia.org/wiki/Prodotti_DOP_e_IGP_italiani

これによると、モッツァレッラはSTGに入るようですね。
DOPやIGPは確か、ホンマモン以外その名前の使用を禁止していると思うんですが、モッツァレラはいいのかな。思いっきりジャパナイズされた商品名だからEUも、ま、いっか ドコモポイント と思ってるとか。これがもしMOZZARELLAだったら何かしら罰則があるのかな パンチ




Ho pensato di quali prodotti sono tutelati in Giappone.
Quello che mi e’venuto subito in mente e’ il Kimono dell'isola di Amami chiamato Ooshima-tsumugi.
E’un Kimono particolare che viene fatto solo in quell'isola di prefettura Kagoshima con il processo di produzione molto difficile.

日本ではどんな商品が地域ブランドとして登録・保護されているのか考えてみたんですが、まず頭に浮かんだのが鹿児島県・奄美大島の大島紬
シャリンバイの樹皮を煮出して絹糸を染めて、そのあと泥染めして、細かい柄を織って・・・恐ろしく手間のかかる工程を経て出来上がります。

horizon_editroom_010.jpg


Il tessuto di Ooshima-tsumugi autentico deve avere questo marchio.
Se lo compri a Tokyo costa un occhio がく〜(落胆した顔), ma io e mio marito abbiamo avuto fortuna di vivere li’per 2 anni e l’abbiamo comprato a meno di meta’ prezzo. ひらめき

正真正銘の大島紬であることを証明するのにはこんなマークが反物に貼られます。
東京の三越あたりじゃ、ガッビーーーン!がく〜(落胆した顔) ていうぐらいの値段らしいですが、幸運にも以前2年間住んでいたので半額以下で買えました(手入れ、ちゃんとしろー)。

syousi_0.gif


Poi il maccarello ed il suro presi solo al mare di Sagaseki di prefettura Ooita in Kyushu che si chiamano Seki-saba (macarello) e Seki-aji (suro).
A prima vista non li si potrebbero riconoscere da quelli normali da 198 yen, ma quelli veri costano addirittura 3,000-4,000 yen ognuno!

他には大分県の佐賀関沖でのみ獲れる関サバ・関アジもそうですね。
素人目には、そこら辺の198円ぐらいのと区別つきませんが、ななんと一尾3000円も4000円もするらしいですよ!一体どんなアジよ!(シャレ?^^)

image.jpg


Hanno un bollino di garanzia sulla pancia.
Dicono che sono superbuoni, ma io non li ho mai assaggiati, nemmeno un pezzettino.もうやだ〜(悲しい顔)

こんなアジです、という証拠のラベルは魚たちのお腹にこんな風に貼ってあります。
美味しいんですってねぇ。どんなだろうなぁ。ひとかけらだって食べたことないからなぁ
もうやだ〜(悲しい顔)






イタリア人の皆さんのコメントより

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。